読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

愛の証って?

 

先日、以下の記事で悲しみと愛の深さの関係について書きました。今回は、それと多少絡む話になります。

sms2001.hatenablog.com

 

「死別による悲しみは愛の証である」という話をよく耳にします。
これは本当にそのとおりだと思いますし、愛していればいるほど悲しいと言ってもいいのかもしれません。

しかし、悲しむことが愛の証かと言われると、それはまったく次元の異なる話です。
悲しみが薄れてきているのにもかかわらず自らすすんで悲しもうとすることはあまりにもナンセンスですし、愛する人を失ったものは悲しまなければいけないとでも考えているのであれば、そんな考えはどこかへ置いてきてしまうべきです。

そもそも「愛の証って何?」って思いませんか?

大切な人が生きているならわかります。
本人に何かプレゼントすることも愛の証と言えるでしょうし、毎晩約束どおりに電話をすることも愛の証と言えるでしょう。傷つけられた時にかばうこともそうでしょうし、助けが必要な時に助けてあげることだって愛を証明することになります。

しかし、残念過ぎることに、大切な人は今はここにいないわけです。
そうであるなら、そんな状況であなたはいったい誰に愛を証明する必要があるのでしょうか?

もちろん、多くの人は「大切な人のために」と答えることでしょう。
でも、大切な人は、あなたが考えていることなんてもう全部わかっているはずです。
少なくとも、大切な人はあなたの心の中にいるわけですから。
それに、あなたのすべてを理解しているような人間がわざわざ愛を証明してくれなんて言うでしょうか…?

少なくとも、私の大切な人であればそんなことは絶対に言わないはずです。

もっとも、このあたりは人によって考え方が違うでしょうから、賛同できないという方もいると思います。
というわけで、もう少し先を考えてみましょう。


では、あなたの大切な人は、あなたに対して「悲しむことで愛を証明して」なんてバカげたことを果たして言うでしょうか?
これはさすがに言うはずがありません。
冗談にしては内容がきつすぎます。

こう考えると、あなたは大切な人への愛をわざわざ証明する必要なんてありませんし、ましてや「悲しむことでその愛を証明する」なんて必要はまったくありません。


じゃあ、「悲しむことこそ愛の証」と言っている方々は誰に対して愛を証明しようとしているのでしょうか…?

それはおそらく、周囲にいる人間に対してです。

大切な人を想って悲しんでいる自分を見てもらうことで、「あの人は一途で素敵な人だ」と自分の価値を証明したいんだと思います。
そして、「私はこんなにもあの人のことを想っている」ということをみんなに認めてもらいたいだけなんだと思います。
憶測だと言われるかもしれませんが、私にはどうもそんな気がします。
昔の私にもそんな時があった気がしますから。

当たり前のことですが、悲しむこと自体は別に偉いことでもなんでもありません。
悲しまなくて済むならそれに越したことがないのは誰もがわかっていることです。

ですから、死別直後に感じていた大きな悲しみが和らいできたとしても、「大切な人への愛が薄れてしまったのではないか」なんて不安になる必要はなく、むしろそんな自分をほめてあげていいはずです。

安心してください、あなたの愛はとっくに大切な人に伝わっていますし、これからも伝わり続けます。
ですから、悲しもうとすることで愛を証明する必要はありません。

それでももし愛を証明したいのなら、故人が望むであろうことをしてあげればいいんです。
それはつまり、前を向いて歩いていくということです。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!