亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

優しさの勘違い

 

 

 

かねてから感じてはいましたが、死別界隈において、私は「ある発言」をよく耳にしている気がします。
それは、「死別経験者に寄り添う姿勢こそが死別経験者に対する優しさである…」といった類の発言です。
いえ、これでは少し正確じゃありませんね。
正確に言うなら、「悲しいよね」「つらいよね」といった具合に死別経験者を慰めるとともに、その気持ちを汲んであげることこそが優しさといった内容の発言です。

 

 

おそらく、こういった話はみなさんも耳にしたことがあるでしょうし、場合によっては文章として目にしたりもしていることでしょう。

 

 

もちろん、これを否定するつもりはありません。
なぜなら、傷ついた人々を慰めるという行為は優しさ以外のなにものでもないでしょうから。

 

 

しかし、「これこそが優しさ」と言われたなら、それは完全に否定せざるを得ません。

 

 

というのも、私は、死別経験者の「立ち直り」に役に立つものを提供しようとする気持ちこそが「優しさ」だと考えているからです。
それだけでなく、その姿勢で接することこそが寄り添いだとも考えています。

 

 

 

以前にも触れたとおり、死別経験者が目指すべきゴールは「立ち直り」です。
よもやこの点に関して異論はないでしょう。

 

 

さて、ではその「立ち直り」には、冒頭のような慰める姿勢しか役に立たないのでしょうか?


決してそんなことはないはずです。
確かに、死別当初はそういった姿勢のほうが役に立つことでしょう。
しかし、時期によっては励ましたり奮い立たせたりする必要だってあるはずですし、時にはしっかりとダメ出しすることだって必要なはずです。

 

 

ご安心ください。
死別がデリケートな問題であるということは私もよく理解しています。
ただ、それを気にし過ぎるあまりついつい過保護になってしまうのであれば、それもまた問題だと言いたいだけです。

 

 

ではここで、質問です。
とその前に、みなさんには人生を振り返ってもらいたいと思います。
死別にこだわらずに、今まで生きてきた人生全体を振り返りながら考えてみてください。


では質問です。
みなさんにとって役に立ったのは、いつも自分にとって好都合な意見や好都合な人間ばかりでしたか?

 

どうでしょうか?

 

気付けばそこに、厳しい意見を言ってくれた人間や自分の知らないことを教えてくれた人間がいませんでしたか?
そして思い出したくはないかもしれませんが、誰かに叱られた経験などが自分の成長につながっていませんか?

 

 

答える必要はありません。
ただ、周囲の人間のこういった行動も、やはり「優しさ」に基づくものであるということはさすがに理解できたと思います。

 

 

そしてこれは、死別でも同じことです。
少しだけ異なる点を挙げるなら、死別の場合は「デリケートな問題」という強烈なフィルターが掛かっているため、多くの人間が死別経験者を慰める側に立とうとする傾向が強く、それが故に他の意見は攻撃されたり排除されたりしやすいという部分ぐらいです。

 

 

 

結局、どちらがいいとかいう話ではありません。
どちらの意見もどちらの姿勢も必要です。
大切なのはバランスです。
そしてバランスを取るためにも、そこに「目に見えないフィルター」が存在していることを忘れてはいけません。
あとはそれを意識しながら、死別で苦しむ人に本当の意味で寄り添ってあげてください。


ちなみに自分の経験から言っても、過保護はまったくおすすめできません。

 

 

最後になりますが、こういった内容に関連して「そもそも立ち直る必要なんてあるの?」といったひねくれた意見を耳にすることがあります。ですが、これは失笑ものの発言ですし、とても本気で言っているとは思えない内容ですので、みなさんも相手にする必要はありません。
というのも、本人にとってどちらがいいのかということを少しでも本気で考えたなら、こんな意見が出てくるはずはありませんから。