読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

死別ブログに効用は?

 

 

果たして、人を前へ向かわせるために役立つものなのか、それともそこから遠ざけるものなのか、はたまた、そのどちらでもないのか…

最近、死別ブログを読むことの効用について考えることがあります。

というのも、大切な人を亡くされた方の数から考えると、死別ブログを読む人間の数は圧倒的に少ないと言えるからです。
言い方を換えると、たとえ死別経験者であっても、ほとんどの方は死別ブログなど読んでいないということです。

理由は何でしょうか?

そういったものを人々が必要としないのでしょうか、それとも役に立たないのでしょうか…

個人的には、両方とも正解な気がします。

とはいってもこれだけではありません、他にも理由はあるはずです。
たとえば、「パソコンやスマホを利用しない高齢者が多い」「そもそも死別ブログの存在自体を知らない人間が多い」なども理由として挙げられるでしょう。
しかし、これらはたぶん大した問題ではありません。

私が問題に感じるのは、「役に立たないのでは?」という点です。

ちなみに、みなさんは「死別ブログを読んだほうがいい」などといった専門的な話やアドバイスを聞いたことがありますか?
私はまったくありません。
念のため検索などもしてみましたが、私が見た範囲では特にそういった情報も見当たりませんでした。

個人的な考えに過ぎませんが、死別ブログを読むことにもし効用があるのであれば、もっともっとそれが推奨されていてもおかしくないように思います。
にもかかわらず、それがないのにはそれ相応の理由があるのではないでしょうか。

「内容が担保できない」「どのブログに効用があるかわからない」など、一般人が書いているが故においそれとオススメできないという問題点も確かに考えられます。
とはいえ、そういった話がとんと聞こえてこないということは、死別ブログを読むこと自体に大した効用がないことを物語っているように感じます。

そういったことを考えると、書き手にとっては大いに意味がある死別ブログも、読み手にとっては微妙なものなのかもしれません。
そして、不安定な時期であるからこそ、こういった点を意識しながら自分なりに取捨選択しながら読むという姿勢が、読み手には求められるのでしょう。


なお、「前を向くために」という枠を取り払えば、多少なりとも話は変わると思います。ただ、その枠の外で考えることはあまりにも意味がないので、今回はこのような内容となりました。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!