亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

自殺対策の難しさ

 

 

 

「自殺はよくない」

 

 

これは普通の人間にとっては当たり前のことです。
しかし、自殺を考えている人間にとってはどうでしょうか?

 

 

少なくとも、後追いを考えていたあの頃の私に「自殺はよくない」なんて考えはまったくありませんでした。
当時の私にとって、自殺は唯一の救いであり唯一の望み。
言ってみれば、私にとっての自殺は「いいこと」でしかなかったわけです。
だからこそ自殺したいと考えるわけですし、そんな人間に向かって「自殺はよくない」と言ったところで、何かが変わることはほとんどありません。
場合によっては、むしろその決意を強めてしまうことさえあります。

 

 

 

当然と言えば当然なのですが、現状に地獄のような苦しみを感じている人間にとって、そう感じなくて済むようになるのは「いいこと」です。
したがって、もしそれを実現できる方法があるのであればぜひ教えてあげたいものですし、それはそのまま自殺対策と呼べるものにもなることでしょう。

 

 

では、その方法を考えてみましょうか。
いえ、考えてみてください。

 


おそらく、途端に話が難しくなったと思います。
それに、苦しみは人それぞれですから、解決方法もひとつというわけにはいきません。
それぞれに合わせたいくつもの方法が必要です。
これを考えるのは容易ではありません。
ほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

  

ただ、そんな中にあって誰の目にも明らかなのは、「死」であればすべてを解決してくれるということです。
死ねば、今抱えている苦しみもつらさも悲しみも、すべて跡形もなく消えます。
当然のことながら、悩む必要もなくなります。
それに、この方法は人を選ぶこともありません。
それはまさに「悩みを解決できる確実かつ魅力的な答え」と言えます。

 

 

とはいっても、「自殺」を悩み解決の結論とするわけにもいきませんから、他の方法を考える必要があります。
ただし、そのためには「自殺」と同等か、それを上回るぐらいの魅力が必要です。
でなければ、それを選択することはないでしょうから。

 

 

では、「生」を選ぶべきと引き留める側の人間に、「自殺」を上回るほどの「答え」は用意できるのでしょうか?
つまり、以下のようなことを実現できる答えを提示できるのでしょうか?

 

  • 貧困から抜け出せる
  • 健康に関する問題がなくなる
  • 人間関係で悩まなくて済む
  • 絶対にいじめられなくなる

 

どうでしょうか?
こういったものはありますか?
また、それを明確に示すことができますか?

 

 

おそらく、誰にもできないのではないでしょうか。
せいぜい出てくるのは、「生きていればきっと…」「時が経てばおそらく…」「真面目にやっていればいつかは…」…
などといったフワフワとしたものばかりでしょう。
これでは、悩みの解決どころか、たった数日間自殺を思いとどまらせることさえままならないように思います。

 

 

もちろん、心に余裕があれば少しは冷静に考えてもらえるのかもしれません。
しかし、追い詰められている状態ですからなかなかそうもいきません。
なにより、すべてを解決してくれるであろう「自殺」という答えに気付いてしまっている状況ですから、生半可な解決方法ではそこから抜け出すことさえできません。
現状を改善できる確実な答え、もしくはそれに近いものが必要となります。
逆に言えば、「そんなことをしても状況はたぶん変わらないだろう…」などと感じさせてしまうようなフワフワした答えでは完全に力不足だということです。

 

 

となると、もはや「生」に勝ち目はありません。
そういった人間の目には、圧倒的に「死」が輝いて見えていることでしょう。

 

 

では、どうすればいいのか…?

 

 

これは私にもわかりません。
非常に悩ましいところです。

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!