読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

一日一日を大切に

 

先日の話ですが、映画を観る機会があったため、2010年公開のフランス映画「100歳の少年と12通の手紙」を観ました。
ネタバレ防止のため内容に触れるつもりはありませんが、一日一日を大切に生きることの素晴らしさを教えてくれる、そんな映画です。

というわけで、今回はそのことについて書いてみます。



特別なことがない限り、明日という日はやってくるものです。
ただ、特別なことが起きると、それは途端に当たり前のことではなくなります。

そしてその特別なことは、残念ながら私の大切な人にも、みなさんの大切な人にも起きてしまいました。


「人生を大切に、そして一日一日を大切に」

死別してだいぶ時間が経ってからではありますが、私はこのことを胸に刻みました。
いえ、正確に言うのなら「刻んだつもり」でした。

しかし、改めて最近の生活を振り返ってみると、惰性で生きてしまったと認めざるを得ない日がところどころ存在することに気付かされます。

おそらく、時間が経過したことによって、明日が来ることを少しずつ当たり前に感じ始めてしまっているのでしょう。

ですから、大切な人を亡くし、「人生のはかなさ」と「人生の大切さ」を強烈に学んだにもかかわらず、微々たる日数とはいえ「惰性で生きてしまう日」が存在してしまうのでしょう…

そのことをこの映画が教えてくれました。

先ほども言ったように、こういった日の割合は確かに微々たるものです。
ただ、以前と比べると多少なりとも増えていることに間違いはありません。
そしてその事実は、私が自分自身に失望するのに十分過ぎるものでもあります。


「人生を大切に、そして一日一日を大切に」

これは、短い人生でこの世を去った大切な人が身をもって私に教えてくれたことです。
ですから、このことをたまに忘れている自分が許せません。
たとえ、常に覚えていることは不可能であることを理解していてもです。

とはいっても過ぎてしまったことは仕方ありません。
ここからまた、自分を律しながら、限られた人生を大切に生きていこうと思います。

みなさんも、まだそういった精神状態ではないかもしれませんが、できれば一日一日を大切になさってください。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!