読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

時に無意味となる価値観

 

「武士に二言はない」
「一途な…」
「初志貫徹」
「意地を貫く」
「終始一貫した態度」

内容を確認して頂ければおわかりのとおり、これらは「一度決めたことを守り抜いたり、やり抜いたりすることの大切さ」を説くような言葉であり、基本的には「ほめ言葉」として使われるものです。

そしてなぜかはわかりませんが、私の中には、こういった「一度決めたことをやり抜くことは素晴らしい」という価値観が存在します。おそらく、これまでの人生を生きてきた中で形成されたものなのでしょう。

簡単に言うなら、上の言葉のどれもが「カッコよく」聞こえるわけです。

もちろん、ほめ言葉として使われるぐらいですから、「カッコよく」聞こえるのは当然といえば当然のことですし、そうである以上、これを意識するたびに「気分がよく」なることも当たり前と言えるのかもしれません。

しかし、これらの言葉には実はものすごく「カッコ悪い」側面があることも理解しておかなければいけないように思います。

ちなみに、カッコ悪くなるのはどういう時だかわかりますか?

それは、決めたことが間違っていた場合や、決めたことが自分にとって明らかにマイナスになっている場合です。
そしてこういった場合、一度決めたからといってそれを頑なに守り抜こうとするその姿勢は、「無意味に意地を張り続けているだけの残念な姿勢」へと一気に変わってしまいます。

なお、これは死別経験者にも当てはまるところがあるように思いますし、少なくとも、当時の私には伝えてあげたかった内容であります。

というのも、死別経験者は亡き人に対して申し訳ない気持ちを抱いている人間が多く、その時のその心境によって決めたことが、あとあとになって自分自身を苦しめるているという方も多いのでは?と思うからです。

死別から時が経つにつれて心境は少しずつ変わっていきます。
ですから、死別当初に決めたことを守り抜いたり、やり抜いたりするということは非常に難しいことです。
しかし、多少なりとも上にあるような価値観を持っている人間は、それを懸命に守り抜こうとします。
特に、亡くなった大切な人の手前ですから、一度決めたことを安易に変えることなどそうそうできません。大切な人に対して罪悪感を感じているならなおさらです。

たとえば、「一時も忘れずに想い続ける」といった決め事。
確かに、できればこうしたいと思わせる一見素敵に思えるような内容です。
しかし、言うまでもありませんが現実的には不可能です。

また、「もう一生誰も愛さない」といった決め事。
確かに、大切な人に一生を捧げるような美談には聞こえますが、他の人間に好意を持った瞬間にあっけなく崩れ去るものであり、自分の自然な感情をコントロールすることが難しい以上、これも非常に不安定なものと言えます。

それに、なにより重要なのは、このように決めてそれを守り抜く行為が果たして素晴らしいことなのかということです。

先ほども触れたように、一見すると素敵な感じがします。
これは誰もが認めることでしょう。
ただ、それが残された人間の人生における選択肢を狭め、なおかつその人間自身を苦しめ続けるようなものであった場合、それはもはや本人にとって「害」でしかありませんし、それを貫き通すことに意味はまったくないはずです。

極端な決め事であった場合は、特にこのような結果に終わりやすいと思います。
ですから、上の例で言うなら
「考えてない瞬間も今後はたくさん出てくるかもしれないけど、それでもちゃんと大切に想っていこう」
「もしかしたら気になる人が出てくるかもしれないけど、それはその時に考えるとして、それまでは大切な人間だけをずっと愛していこう」
といった内容に変えたほうが現実的であり、あとあと自分を苦しめることも少なくなることでしょう。

安心してください。
これは決して大切な人を裏切ることではありません。
それに、誰にも責められるようなことでもありません。
もしそう感じてしまうようなら、自分が勝手にそう考えているだけということを冷静に見つめてみてください。


人の心境は変わるものです。
わざわざ最初からいろいろなことを決めて自分を縛る必要なんかありません。
それが自分を苦しめるものならなおさらです。

だから、私は敢えて書いておきます。

「いろいろ考えた上であれば、決めたことを変えられることもまたカッコいいことであり、それをしようともせず頑なに守り続けることは非常にカッコ悪く、無意味なことである」

当時の私にもこういった柔軟性があればよかったのは間違いありません。
大切な人を想いながら、自分を大事にする。
重要なのは、きっとバランスです。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!