読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

井の中の蛙にならないために

 

以前にも触れましたが、日本では年間120万人以上の方が亡くなっています。

言い方を少し変えると、みなさんの大切な人以外に、120万人もの方々が亡くなっているということです。

120万人ですよ、想像がつきますか?
しかもたった1年間で…

数が多すぎるためか、私には正直ピンときません。

でも、わずか1年の間に120万人もの方々が亡くなっていることは紛れもない事実であり、当然のように来年もまた120万人ほどが亡くなるのでしょう。


なお、「高齢者が亡くなるのは当然のことで、若年は?」ということをおっしゃる方も中にはいらっしゃることでしょうから、その人数にも触れておきます。

どこで区切るべきか迷いましたが、とりあえず0~59歳で区切りました。
ちなみに、この年齢で亡くなる方は約9万人です。

ぐっと減りましたね。
若い方が亡くなるのはそれだけ珍しいこととも言えます。

しかし、120万人をもとに考えるから少ないように感じるだけであって、よく考えてみれば9万人というのは東京ドームの収容人員をはるかに超えるほどの人数です。
日常生活をしていて9万人を一度に目にする機会はまずありませんし、ピーク時の満員電車でも3000人程度しか乗っていないことを考えると、9万人という数字が実は莫大な人数を示していることに気付いてもらえると思います。


そして、仮に1:1の関係であると仮定しても、毎年9万人の方が若年死別「経験者」として残されることになります。*1


そして、私たちは、そんな中のたった一人です。


世界が自分だけを不幸にしようとしていると感じた時は9万人のことを思い浮かべてみてください。
世間が自分にだけ冷たいと感じた時も、この9万人のことを思い出してください。

この9万人をどのように判断し、この数字をどのように扱うのかはみなさん次第です。

条件をもっともっと細分化して、自分みたいな不幸なケースはやっぱり自分しかいないと「井戸」の中に入るのか、多少の差異こそあれ多くの人間が不幸を抱えながら前を向こうとしていることに気付いて自らを「大海」へと進めるのか。

すべてはあなた次第です。

そうであるなら、「大海」を知る人間でありたい。
私はそう考えています。

(流れで若年死別の話となっておりますが、若年死別でない方は9万人を120万人と読み換えてください。)



話が少しだけ変わりますが、死別界隈に集まっている人間も本当に限られた人間です。このような狭い世界では、くだらないしがらみや人間関係に悩まされることもあると思いますし、ことさらに気を遣わなければいけないことだってあるでしょう。
ただ、その何十倍もの死別経験者が世の中に存在しているということに思いを巡らせれば、そういった悩みなどが本当にちっぽけなものだと感じることができると思います。

死別が大したことではないと言いたいわけではありません。しかし、時にはこういった視点で考えることも必要だと思います。

自分を正しい道に導くのは自分です。

だからこそ、あなたが物事をどのように捉えるか、これはきっと大きな差を生むことになるのでしょう。

 

※記事内で引用したデータは、厚生労働省の「平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況」によるものです。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!

 

 

*1:もちろん、中には完全に孤独な方もいるとは思います。ただ、親御さんやお子さん、配偶者や交際相手といったことを考えると、おそらくほとんどの方に残されて悲しみに暮れる人間がいるはずですので、便宜的に1:1とさせてもらいました。