亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

頂いたコメントへの回答

 

 

昨日の記事にコメントしてくださった方とやり取りをしていたのですが、少し長くなったので記事という形にしました。
本来であればそれまでの流れもここに貼り付けるべきなのでしょうけど、コメントを複数回やり取りしている関係上すべてを貼るのが面倒なので、お相手の最後のコメントだけ貼り付けておきます。

 

 

というわけで無関係の方々には何がなんだかわからないと思いますが、まぁ許してください。
どうしても流れが気になるという方は、昨日のコメント欄を最初から読めばすべてわかるのでそちらへどうぞ。
ただ、私のコメントを含めて残念なやり取りですので、読む価値はないような気がしますが(笑)

 

 

GORI

死別ブログ村ランキングに参加していると不特定多数の人が見ます。
ではランキングにいる意味はなんでしょうか?

色々な方がいることは承知しています。 
色々な人がいて、色々な状況があり、またそれぞれ感じ方感じ方も違う。 
人間である以上当たり前ですよね。
そこまでわからないわけではないですよ。

そのまま書いてほしい方もいるでしょう。
不快に思う人もいるでしょう。
読んで辛くなる方もいるようですけどそれは少数派だから良いということでしょうか。
死別真っ最中の方 見ると辛くなるので、『閲覧注意 』などしていただくと知らない方もうっかり見ないですみますね。
そんなハートの強い方がわざわざ死別ブログ村を見にくるでしょうか?
批判が出てきたらすぐに叩かれているようですけど。
その状況を見て何もできない方もいらっしゃるのでは?

書き込みが少ないから礼賛大多数と決めつけるのも乱暴かと思いますが。

対応は私ではなくブログ主さんがすることでしょうし
思い通りにならないからといって騒ぐ…
というのもそれはご自分の私に対する私見です。
ということを頭の中で考えました。

 

 

では、以下回答です。

 

 

あなた様の場合、何か発言する際にはいったんその「逆」を考えてみたほうがいいと思いますよ。

 

 

では仮に、「悲しい」「苦しい」「死にたい」といったブログであれば、誰にも不利益はなく問題はないということですか?
そういったブログの影響を受けて、自分も死にたいなどと考えてしまうような方についてはどうするんでしょうか?
まさか、「それは少数派だから気にしなくていい」などとは言いませんよね(笑)

 

 

また、【閲覧注意】の提案についても同様です。
あなた様は特定のブログに対してそういったことを要求したいようですが、となると、先ほど触れたような悲しみに溢れているブログに対しても同様の提案をしないと筋が通らない気がするんですが、そのへんはどうお考えなのでしょうか…?

 

「立ち直りたい方、もしくは立ち直れそうな方は閲覧注意、このブログを見ると再び悲しみに引きずり込まれます」

 

こんな注意書き、必要ではありませんか?
仮にあなたさまのおっしゃっていることを真に受けるのであれば、当然そういったブログにもこんな感じの注意書きは必要だと思いますよ。
だって、不利益を与えているという点で考えれば、傷つけているのと大差ないでしょうから。

 

 

まぁでもこの点については心配ありませんね。
だってあなた様は、死別ブログ界隈にいろんな方がいらっしゃることを理解されていて、しかも少数派も守らなければとおっしゃっていて、さらに、書き込みなどをできない方々の声なき声まで想像できてしまうわけですから…
当然、こういった方々のこともしっかり考えてあげていることでしょう。
ただ、どういうわけかそれが表に見えてこないだけで… 

 

 

いずれにしても、たまには逆も考えてみてくださいね(笑)

 

 

ちなみに、ああいったブログを読んで傷つく方は確かにいらっしゃるのでしょうね。
ただ、次から読まなければいいだけだと思うんですがそれでは不満ですか?
それにこう言ってはなんですが、最初にフワッと読んで受けた傷が、トラウマになるような深刻なものだとはとてもじゃないけど思えません。
同様に、その被害を声を大にしてアピールしなければならないほどの傷だとも到底思えません。
残念ながら私には、傷ついたという理由を使って「気にくわないとか気持ち悪いとかいう感情」を爆発させているだけにしか思えません。

 

 

 

最後に、少し話がずれますが一応書いておきます。

 

 

なぜ、あなた様は人に求めることしかしないのですか?
しかも、赤の他人に…

 

 

閲覧注意と書けですって?
冗談でしょ(笑)
なぜそんな簡単に解決できそうなことをわざわざ他人に頼むんですか?

 

 

そんなの、自分でブログでも書いて、「タイプ別おすすめ死別ブログランキング」などといった形式で発表すればいいだけですよね?
そこに、あなた様なりの注意書きを書くか、閲覧注意部門を作ればいいんです。

 


あとは簡単です。
というのも、あなたのブログが死別ブログ界隈に立ち寄った方々の目に真っ先に留まるような状況を作ればいいだけですから。
つまり、ランキングの上位になればいいわけです。
こんなの造作もないことですよ。
しかも別に1位じゃなくたっていいわけですから。

 

ランキングなんて普通は上から見ていくものですよね?
だったら、あなたのブログが「あなたが他人を傷つけてしまうと信じてやまないブログ」よりも上位にランキングされさえすればいいわけです。
今なら、だいたい3位ぐらいでしょうか。
そうなれば、あなたが守りたくて仕方ない人々の目に先に留まるのは、おめでとう「あなたのブログ」です。

 

もちろん、後からぞくぞくと押し寄せてくる読者のためにランキングは維持しなければいけません。
ただ、あなた様のお話を伺っている限り、あなた様と似たような意見をお持ちの方は結構いらっしゃるようですから、そういった方々はきっとあなた様の行動を支持してくださるはずです。
であれば、ランキングの維持も簡単にできることでしょう。
それに、少なくともそのぐらいの努力はするべきだと思います。

 

  

いかがですか?
たったこれだけのことで、あなた様が望んでいるようなことは実現できると思いますよ。
しかもこの方法なら、誰かに何か無理な要求を押し付ける必要だってありません。

 

ちなみに、私だったらやりますよ。
じゃないと、自分では何もしない人間みたいで恥ずかしいですし…

 

 

でも、本来なら運営に頼むべき事案でしょうね。
まぁそんな感じで。

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!