亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

思い出補正

 

「思い出補正」とは - 過去の記憶、思い出を美化したり、幾年もたって悪いところのみを 忘れて良い記憶のみ残ること。

 

 

人間の脳の記憶の仕組みからすると、誰もが過去の出来事に対して何らかの「思い出補正」をしているということは明らかなのですが、みなさんはいかがでしょうか?

 

 

私自身はというと、結構いい感じに補正してしまっているような気がします(笑)
なにせ、昔のこととなるとほぼ無条件で楽しかったと思えるぐらいですから…

 

 

とはいっても、死別に関しては別です。

 

 

と言いたいところなんですが、私が気付いていないだけで、ここにも「思い出補正」はかかっているはずです。

 

 

いいえ、本当は気付いてます。
ただ、それが「思い出補正」によるものなのか、それとも「物事をできる限りポジティブにとらえようと努めている私の考え方のせい」なのかがわかっていないだけです。
それに、こんなことを言い出すと少なくとも死別ブログ界隈では頭がおかしいと思われるだろうということも、この発言にブレーキをかけていたような気がします。

 

 

そう、私はいつの頃からか、死別をいい経験だったと思えるようになっています。
そして今日改めて考えてみても、やっぱりそう感じています。

 

 

先ほども書いたように、こう考えるようになった原因は定かではありません。
死にたくなるほどつらかった記憶を少しずつ思い出さなくなっているから、つまり「思い出補正」によるものなのかもしれませんし、「起きてしまったことの悪い面ばかり考えていても何ひとついいことはないので、いい面に目を向けよう」と考えるようにしているからなのかもしれません。
もしくは単に、時薬が完全に効いたからなのかもしれません…

 

 

まぁ実際のところはこれらが複雑に絡んでいるのでしょうし、もしかするとこういったことをまとめて時薬と言うのかもしれません。

 

 

いずれにしても、私が死別をいい経験だったと思えるようになっていることだけは確かです。

 

 

もっとも、「いい経験だったと言うなら誰もが経験すべきなのか?」といった話になれば、当然「経験すべきではない」と答えます。
というのも、思い出しづらくなっているとはいえ「死のう」と思うほど苦しんだ経験であったことは確かですし、少なくとも人間ひとりが亡くなることに間違いはないわけですから。
決して自ら望むような経験ではありません。

 


しかし、結局は誰もが経験することですし、その違いは単に早いか遅いかだけですので、「経験すべきでない」とキッパリと発言したところで、そこに何の意味もないこともまた確かなのですが…

 

 

 

さて、そんな感じで「思い出補正」について少し触れましたが、「思い出補正」には気を付けたほうが良さげなこともあるため、それを軽く書いておこうと思います。

 

 

私が先ほど挙げた例は、死別という出来事自体を思い出補正してしまっているケースと言えるのかもしれませんが、気を付けたほうがいいのは、故人に対して思い出補正をしてしまっているケースです。

 

 

「亡くなった人間には勝てない」といった話を聞いたことありませんか?
あれです。

 

 

おそらくみなさんも思い当たりがあると思いますが、いざ亡くなってしまうと、それまでイヤだったことさえ愛しく感じるものです。
キライだった部分だって、すべてが輝いて見え始めるものです。
故人への想いは、過去のイヤなことすべてを洗い流していきます。
それに加えて、人間の脳の記憶の仕組みにより、これらの「イヤな記憶」を思い出しづらくもなるわけです。

 

 

そうなると、私たちの頭に残るのは「いい想い出ばかりを兼ね備えたもはや完璧と言ってもいい人間」です。
それはどこか神格化された存在と言ってもいいのかもしれません。

 

 

おわかりだと思いますが、今後このイメージが崩れることは絶対にありません。
もうこのイメージに傷をつけるような不愉快な出来事が起こることは絶対にありませんし、別れや離婚につながるような気持ちのすれ違いだって、大喧嘩だって絶対に起こり得ません。
当然、百年の恋も冷めてしまうような無様な姿を見せられることだってありません。
大切な人は、「死別による時間の停止」と「思い出補正」によって美しくなっていくばかりです。

 

 

これは一見すると悪いことではなさそうに見えるのですが、次の一歩を踏み出そうと考えた場合にはなかなかの障害になる気がします。
いえ、それどころか次の一歩を踏み出す気にならない原因とさえなり得るでしょう。
つまり、過去に執着してしまうことにつながるということです。
仮に人との新しい出会いで考えるなら、常に相手を故人と比べてしまうということであるとも言えます。

 

 

こんなの、逆立ちしたって勝てるわけがありません。
なぜって、頭の中にいる「神」みたいな存在と比較されるわけですから。
それに、故人への申し訳なさという別の感情も存在しますから、そもそも最初から勝てないようになっている可能性だってあります。

 

 

もちろん、死別直後であればこんなことは大した問題ではありません。
第一、望まなくたってどうせこんな感じでしょうし…
ただ、ひと段落ついて一歩を踏み出してみようと思った時には、こういった「思い出補正の存在」をきちんと意識して、それを故人からちゃんと割り引いた上で相手を見るように心がけたほうがいいと思います。

 

 

もちろん、これは物事を見るときだって同じことです。
過去の多くのことは、基本的に「思い出補正」の影響下にあります。
特に、死別以前のことであればその影響度合いは計り知れません。
したがって、現実に目を向けるためにはこういったものの存在を意識する必要が少なからずあります。

 

 

それに気付かなければ、なかなか現実に目を向けられないばかりか、「あの頃は良かった」と言いながら過去に執着し続けることになるのでしょう。

 

 

忘れてはいけません。
私たちが生きているのは「今」であり、これこそが「現実」だということを…

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!