亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

さようならコメント

 

 

ブログを始めてから1年が経過したということは以前にもお伝えしましたが、今回はこの過程の中で個人的に面白かったと感じたことについて書いてみたいと思います。
いろいろあるので、今回はその中から1つ。

 

 

ブログを書いているとさまざまなコメントをもらうものです。
特に、私のスタンスや書く内容が気にさわるという方は多かったようで、最初のうちは結構中傷めいたコメントをもらいました。
内容的には、小学生が使うような「バカ」だの「アホ」だのといった言葉から、「くだらない下ネタ」に至るまで…(笑)
批判ならいいのですが、中傷ですから、こういったコメントが公開されることはまずありません。
サクッと削除するだけです。
もちろん、傷つくこともありません。

 

なにより問題なのは、中傷コメントのくせに面白くないということです。
せっかく人を傷つけようとしているのであれば、ある程度はセンス的なものを磨かないと…
その上で、せめて「コイツやるな、ムカついてきた…」ぐらいのことを思わせるべきです。
そうでなければ私の心には残りませんし、それはコメント主の意図するところでもないはずです。

 

 

まぁそんな感じでコメントにはさまざまなものがあるのですが、そんな中に、本人が面白く書いたつもりもないのに私が笑ってしまう典型的なパターンがありますので、ここでそれを紹介したいと思います。

 

 

それが、「失望しました、もう読みません、さようなら」といったタイプのコメントです。
たぶん、みなさんもいろいろなブログで目撃しているはずです。

 

 

これ、私ダメなんです(笑)
どうしても笑っちゃうんですよね…
コメント主が考えていることが透けて見えすぎるせいかもしれません。
とにかくイタイ…

 

 

というわけで、このタイプのコメントについて考えてみましょうか。
とその前に、名前を付けておいたほうが話を進めやすい気がしますので、このタイプのコメントをひとまず「さようならコメント」とでもしておきます。

 

 

ちなみに、笑ってしまうと書きましたが、この「さようならコメント」は、私がコメント主をもっとも軽蔑してしまうコメントのひとつでもあります。

 

 

ではでは、書いてみましょうか。

 

 

いきなりですが、みなさんは知ってますか?
これが全然「さようなら」ではないということを。
コメ主は、十中八九そのブログを読み続けています。
なぜなら、自分のコメントがどう受け止められたのかを知るには、読む以外に方法はありませんから。
それに、自分のコメントによってブログ主やブログの内容に変化があったかどうかも確認する必要があります。
そう、自分の気に入らない状態から希望する状態にちゃんと変わったのかという確認です。
まぁ変わるはずもないんですけど(笑)

 

 

というわけで、「さようならコメント」というのは、さようならどころか「まだまだしばらく読みます、でも恥ずかしくてそんなこと言えない」ということなんです。
当然、気が変わってコメントをしたくなった際も、そんなことは恥ずかしくて言えませんから、ハンドルネームを変えてコメントすることになります。

 

 

なんとなくわかってきましたか?
「さようならコメント」の気持ち悪さが(笑)

 

 

さて、では次です。

 

 

「さようならコメント」からは、コメ主がどうやら「ブログを読んでもらえないことがブログ主にとって一番つらいはず」と考えているらしいことが読み取れます。
だからこそ、「もう読みません」のひとことが付け加えられているわけです。

 

 

これは確かにそのとおりかもしれませんね。
ただ、コメ主が理解できていないのは、ブログ主もそんな人間には読んでほしくないと思っているということです。
実はこれ、コメ主がちゃんと理解しておかなければいけなかったことでもあります。
というのも、ブログ主がそう考えているだろうことを理解できてさえいれば、こんな効果のない捨てゼリフを選択せずに済んだでしょうから。
職業ブロガーに対してならまだしも、ほとんどが一般ブロガーで占められている死別ブログにおいては、あまりにも効果が薄い方法と言わざるを得ませんし、にもかかわらずこの方法を選んだところに、コメ主の考えの浅さが垣間見えてしまいます。

 

 

はい、では次。

 

 

私には「さようならコメント」をする方の神経がまったく理解できないのですが、みなさんにはわかりますか?
ブログ主が「え? そんなこと言わずにこれからも読んでください、あなたの希望通りになるように努力しますから…」とでも言うと思ってるんですかね?
まぁたぶん思ってるんでしょうね(笑)
じゃないと、わざわざこんなこと伝えないはずですし…
それにしても、どうやって育ったらこんな考え方になるんでしょうね。
そのあたりはもはや謎としか言いようがありませんが、いずれにしても、コメ主がこのようなおかしなことを考えて発言しているのは間違いありません。
そしてそれが、この「失望しました」という部分に表れているわけです。

 

 

 

まぁこんなところですかね…

 

 

ただ、せっかくですので、こういったことを指摘したらコメ主はどう返すだろうかといったところまで考えてみましょうか。
たぶん、以下のように言うはずです。

 

 

「一応それまでは読ませてもらっていたので、その礼儀として最後に挨拶をするべきだと思って」

 

 

ね?
気持悪いでしょ?

 

いらないいらない、そんなの(笑)
もともとお互いのことなんかよく知らないし…

 

 

第一、それがもし本当の意味で別れの挨拶のつもりなら、相手にいらぬことを考えさせるべきではありません。

 

「私にも立ち直りの時期が来たようですので、以後死別ブログを離れることになると思います。今まで本当にお世話になりました」

 

といったように、嘘でもいいので相手が余計なことを考えなくていい理由をつけるべきです。
それが大人のマナーでしょう。
にもかかわらず、「失望しました、もう読みません、さようなら」ですから、どれだけ自分の想いが溢れちゃってるんだよ…と突っ込まれて終わりです(笑)

 

 

そんな感じですかね。
といったわけで、もし「さようならコメント」を見かけたら、みなさんもコメ主のことを想像してみてください。
笑えて少し元気になれるかもしれません。

 

 

以上です。

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!