亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

心配事…

 

「故人にもっと光が当たり、故人を社会全体の想い出として大切にしていくような世界」

私は、こういった世界が訪れることを願っていますし、ここ最近そういった内容の記事をかいています。
しかし、私が生きている間にこういった世界が実現することはないような気がしています。
これは漠然と感じています。

ただ、これから先も「大切な人を亡くしては悲しむ」ということが当たり前のように繰り返されてしまうのも、人としてあまりにももったいないような気がします。
ですから、可能であるなら少しでも悲しみを和らげるための方法を見出したいものですし、そういったものを後世に伝えたいものです。

ちなみに、こういったことに否定的な人は、概して「悲しみは人間にとって必要なものだ」と言います。
確かにそれは一理あるでしょう。
私もそういった経験を通じて自分自身が成長したと感じる部分がある以上、すべてを否定するつもりはありません。

ただ、果たして「気が狂うほどの悲しみ」や「後を追いたくなるほどの悲しみ」まで必要なのでしょうか…?

私はまったく必要ないと思います。
ですから、やはり死別の悲しみを少しでも和らげたいと思いますし、たとえ自分が生きている時代にそれが実現できなくても、いつかそうなることを願っています。

こんな考え方をしているせいか、達観したかのように「人間だから悲しみを感じるのは仕方ない」と言う人間が私は苦手です(笑)
そんなことを言ってみんなの思考を停止させようとする前に、頼むからまずは何か行動を起こしてみてくれ!と思ってしまうので…
とはいっても、思考停止状態の本人に何かを求めるのは、酷に過ぎることなのかもしれません。


改めて言うまでもありませんが、私たちはもう手遅れです。
死別を経験し、悲しみに暮れるしかありませんでした…
ただ、これから先の人間にはまだチャンスがあります。

死別の悲しみに打ちのめされる人間がこれからも延々と生み出され続けるのを何もせずに眺めるのか、それとも少しでも悲しみが緩和されるような状況を作るのか…

少なくとも私は後者を選びます。
あんな経験をして欲しくありませんから。

とはいっても、こんなことを考えている方ってあんまりいないんですかね?
最近少し心配になり始めました…(^^;)

 

www.making-homepage.net

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!