読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

ほんの少しの努力が、大切な人の生きた証を残す

 

有名人でもなければ、その名が後世に語り継がれることはありません。
著名人でもなければ、その人生が注目を浴びることもありません。
しかし、誰にでも誇るべき人生があり、語るべきドラマがあるはずです。

 

これは私が常々思っていることです。

とはいっても、大切な人の名を後世に伝えたいと考えているわけではありませんし、何かに取り上げてもらいたいと考えているわけでもありません。
そんな大それた話ではなく、それぞれがもう少し故人という存在に注目してみてもいいのでは?と感じているだけです。

そういうことを考えると、故人のことを知ってもらうという行為は、まさにそのために必要なものだと思います。
そして、故人について知ってもらうことを通じて、故人の生きた証というものが他人の中に、さらには社会の中に刻まれていくわけです。

そして、そのための方法はたくさんあります。
ブログだって、SNSだって、ホームページだって。
どのような方法を選択するにしろ、みなさんが大切な人のために少し努力をすることで、大切な人の生きた証は残すことができます。


なお、この際に少しだけ問題となることがあります。
それは、多くの方が故人の情報を発信することにためらいを感じてしまうということです。

これは、死者についてあまり触れたがらない世の中の風潮のせいなのかもしれませんし、日本人の性格的な問題なのかもしれません。
しかし、よく考えてみればわかるはずです。
本当は多くの人が故人のことを知ってもらいたいと考えているということが。

そういった気持ちは、盛大に行われる葬儀や、立派なお墓といったものにも見え隠れしていますし、悲しみを他人に理解してもらいたいと感じる心などからも読み取れるものです。

ですから、それほどためらう必要はありません。
少しずつでもみんなで取り組んでいけばいいんだと思います。
そうすれば、いつかすべてが当たり前のこととなり、お互いの大切な人のことを理解した上で、より良いコミュニケーションがとれるようになるでしょう。
それは、死別経験者にとって、より穏やかな生活がもたらされることを意味するはずです。

 

www.making-homepage.net

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!