亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

故人のホームページについて

 

前回、故人のホームページを作ろうという記事を書いたわけですが、みなさんはいったいどんな風に感じていらっしゃるのでしょうか?

故人のことをより多くの人に知ってもらいたいのか、それともそっとしておきたいのか…

ここは、人によって意見の分かれるところだと思います。
ただ、「故人の生きた証を残したい」という点については、おそらく多くの方が考えていることであり、望んでいることでもあるでしょう。

そしてその方法のひとつが、今回紹介した「ホームページを作る」ということだったわけです。


さて、ではホームページを作ることによってどのようなことが実現できるのでしょうか?
今回はその部分について触れてみたいと思います。

というわけで、ここでは遺された者が抱く心境について考えてみましょう。

 

  • 故人に会いたい
  • 故人を追悼したい
  • 故人の存在を知ってもらいたい
  • 永遠に忘れたくない
  • 故人に何かしてあげたい
  • 悲しみを共有したい
  • 悲しみに浸りたい
  • 故人との想い出を残しておきたい

 

人によって多少の差はあるでしょうけど、おそらくこういったものが遺された者の心情と言えるのではないでしょうか。

では、こういった心情は果たしてホームページを作ることによって解決できるのでしょうか?

 

故人に会いたい

これはなかなか厳しいものがあります。しかし、距離の問題や関係性の問題などで安易にお墓参りができない人間や、同様の理由で仏壇に手を合わせることができない人間などにとっては、その役割を果たしてくれるものと言っていいのかもしれません。なぜなら、いつでもどこでも開くことができるばかりでなく、そこには故人の写真や情報など、求めているものがたくさん掲載されているわけですから。

 

故人を追悼したい

これはそれほど難しいことではありません。かといって、ホームページでなければいけないというものでもありません。しかし、故人のことを考えると、身内など限定的な人間だけで追悼するよりは、友人等も含め少しでも多くの人間で追悼してあげたいものです。そういった意味では、世間に開かれたホームページを活用することに大きな意味があると言えます。

 

故人の存在を知ってもらいたい

これはまさにホームページがうってつけと言えるのではないでしょうか。逆に言えば、こういった手段でもない限り、みなさんの大切な人が世間に知られることはないでしょう。上手くは言えませんが、みなさんにとっての大切な人は、きっと多くの人間にも知ってもらうべき存在なのではないでしょうか? 少なくとも、私個人はそのように考えています。そして、故人を「社会全体の想い出」として大切にしていく、そんな世の中への一歩となって欲しいものです。

 

永遠に忘れたくない

写真をはじめとした故人の情報をホームページ上にまとめておくことは、故人との想い出をデジタルデータとして保管しておくことに他なりません。それは、故人を忘れることだけでなく、記憶が薄れていくことの防止にも役立つことでしょう。
また、多くの情報を掲載することができて、なおかつどこからでもアクセスできるという利点は、それを非常に助けてくれるものであるとも言えます。

 

故人に何かしてあげたい

「亡くなってしまった以上もう何もできない」というのは大きな間違いです。ホームページを作ることによって、みんなで故人を大切にしていくことができます。また、故人の好みに合わせたデザインにしたり、季節ごとにデザインを変更したり、故人に対するメッセージを定期的に掲載したりすること… それは、故人と向き合って故人のために何かすることに他なりません。大切な人のために何かができるということ、それはとても素敵なことです。

 

悲しみを共有したい

故人のホームページは、遺された人間が抱く故人への想いを表現したものです。そこを訪れた他の人間は、「溢れる想いがあるからこそ深い悲しみがある」ということを知ることになります。悲しみをひとりで抱える必要はありません。そっとみんなで分かち合いましょう。

 

悲しみに浸りたい

この感情は人によるでしょうし、時期にもよるでしょう。ただ、ホームページを開けば、いつでもどこでも故人の笑顔や故人との想い出に触れることができます。それは、いつでもどこでも故人と相対し、故人を亡くした悲しみに浸ることができることを意味しています。わざわざお墓や仏壇の前に移動する必要はありません。ホームページであれば、いつでもどこでも想い出に、そして悲しみに浸ることができます。

 

故人との想い出を残しておきたい

記憶はいつか薄れます。同様に、大切にしていた写真などもいつか色あせてしまうものです。ですから、ホームページの作成を機に、紙焼き写真やその他遺品などもデジタルデータ化し、万全の状態で保存してみてはいかがでしょうか。つまり、ホームページ上に想い出を保管してしまうということです。もちろん、デジタルデータですので経年劣化の心配はありません。「故人との想い出を永久に保存する」、それは私たちが望んでいることでもあるはずです。

 

 

考え方次第といったものも中にはありますが、ホームページが、多くの点で私たちに解決のヒントを与えてくれるものであることはご理解いただけると思います。
大切な人を亡くした人間が抱える心情は、大半が答えの出ないものであります。
そんな中、そこに一筋の光明を見出すことができるのが故人のホームページなのかもしれません。

起こってしまったことは仕方ありません。
その後をどう生きていくか、それこそが大切なことです。
その際のちょっとした拠り所として、ホームページを活用してみてもいいのかもしれません。 


なお、明日か明後日ぐらいには、私が作った大切な人のページを紹介できればと考えております。

 

www.making-homepage.net

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!