読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

大切な人の「生きた証」を残す

 

「故人をいつまでも忘れたくない」
「ともに過ごした日々を忘れたくない」

大切な人を亡くした人間がこのように思うことは、ごくごく自然な感情です。
おそらく、これはすべての死別経験者に共通する感情と言ってもいいのかもしれません。

しかし、自身のこういった思いとは裏腹に、記憶というものは少しずつ薄れていくものです。

当事者である自分自身の記憶でさえ薄れていくわけですから、周囲の人間に関しては言うまでもありません。
故人の存在は驚くほどのスピードで忘れ去られてしまうものです。

また、根本的なことを言うなら、ごく少数の人間を除けば、ほぼすべての人間は故人が生きていたことや存在していたことさえ知りません。

こういったことはつまり、私たちが大切な人の生きた証を残さない限り、大切な人の生きた証は消えてしまうということを意味しています。


では、どうすればいいのか?

答えはそれほど難しくありません。
大切な人の生きた証を残せばいいんです。
そして、そのための具体的な行動を起こせばいいんです。

どんな方法だって構いません。
より多くの人に知ってもらうために、そして忘れられないために、故人の情報、つまり「大切な人の生きた証」を残せばいいんです。
それは同時に、自分の記憶が薄れることを防ぐことでもあります。

ただ、簡単だとは言っても、その方法が思いつかない方やよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで私がオススメするのは、「故人のホームページを作る」ということです。

先に伝えておきますが、これが現時点で最も合理的かつ最も安価に目的を達成できる方法だと思います。
それだけではありません。
想像しているより遥かに簡単で、誰にでもできる方法でもあります。
さらに、「生きた証を残す」こと以外にもさまざまな活用法が存在するため、ホームページを作ることのメリットは、実は想像以上に大きいと言えます。

ちなみに、最も安価というのは「無料でできる」ということです。
ですから、「どうせお金がかかるんでしょ?」と思った方も、とりあえず確認してみる価値はあるでしょう。



では、故人のホームページというものはどういったものか…

詳しい説明については他のサイトに譲りますが、少しだけ説明をしたいと思います。
故人のホームページというのは、簡単に言うとホームページ上に故人に関する情報などを集めたものです。
たとえば、故人の写真、故人が愛したモノや風景の写真、故人の生い立ち、故人との想い出や故人にまつわるエピソード、遺された者から故人へのメッセージなど…
ホームページ上に掲載できるものであれば、どんなものだって構いません。
画像であっても、文章であっても、動画であってもいいんです。
完全に自由です。
当然、載せたくないものを載せる必要もありません。

また、作る目的や活用方法に関しても自由です。
上で述べたように、「故人の生きた証を残す」ことを主たる目的としてもいいでしょうし、みんなで偲ぶためのメモリアルサイトとして使ってもいいでしょう。
故人へのメッセージを伝える場として使うことも可能ですし、お墓の代わりとして使うことだって可能です。
その他にも活用方法はたくさんありますので、ぜひこういった部分についても別サイトで確認してみてください。
※この記事の最後に、故人のホームページを作るためのサイトのURLを貼り付けてあります


なお、これも非常に大事なことですが、今の時代は自分で簡単にホームページが作れます。
PCとマウスさえあればOKです。
コードと呼ばれるややこしい文字を打ち込む必要もありません。
誰だって、マウスひとつでプロ顔負けのホームページが簡単に作れます。
これは大袈裟な話でもなんでもありません、今はもうこんな時代なんです。
これも、2017年という時代を生きているからこそ可能なことであり、そういった意味では、私たちは恵まれているのかもしれません。

中には、「自分で作らなければいけないの?」とお感じになる方もいらっしゃるかもしれません。
ご安心ください、もちろんそれは自由です。
他人と相談しながら作ったり、他人に作ってもらったりするのもいいでしょう。
ただ、故人への想いを自分で表現し、それを自分自身で伝えるということには、ものすごく大きな意味があるような気がします。
それに、他人に頼んだ場合は基本的に料金が発生してしまいますから、まずはご自身で挑戦するところから始めてみてはいかがでしょうか。
これは、遺された人間から故人へのプレゼントと言えるのかもしれません。


長くなりましたのでまとめておくと、故人のホームページは誰もが簡単に無料で作成できるものであり、どのように作ってもどのように活用してもいいものです。
また、「故人の生きた証を残したい」「故人を多くの人に知ってもらいたい」、こういった願いを筆頭に、その他さまざまな願いを実現できるものでもあります。


故人の生きた証を残し、それをみんなで大切にしていく。
これは、きっと故人のためでもあり、故人を大切に想う私たちのためでもあります。
募る想いをカタチにした時、きっと何かが変わります。

明日以降は、故人のホームページで実現できることなどについて記事を書ければと考えております。
みなさんも、大切な人のためにホームページを作ってみてはいかがでしょうか。

 

※こちらから別サイトへ進めます 

www.making-homepage.net

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!