読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

自責の念について

 

私は大切な人を助けられなかったことを後悔しています。
そのため、当時は自責の念でいっぱいでした。

ただ、誰も悪くないということに気付いたこともあり、今となってはその気持ちもだいぶ薄れたように思います。

ここまでは先日触れた内容ですが、今回は自責の念についてもうひとつ私が気になっていることを書いてみます。



では、私の例で考えてみましょうか。

仮に、大切な人の病気の兆候に世界中の誰よりも早く私が気付き、手術などを経て事なきを得たとしましょう。
その場合、私が当時感じたような自責の念は存在しないことになります。
つまり、私が自分を責めることはありません。

では、これですべて解決でしょうか?
もう二度と私は自分を責めることがないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。
その数年後、もしくは数十年後、必ず同じことが起きているはずです。
大切な人が私より先に亡くなる限り、そのことに間違いはありません。

大切な人が病気によって亡くなろうが、事故や災害によって亡くなろうが、事件によって亡くなろうが、きっと私は自分を責めるはずです。

「あの時、なぜあれをしなかったのか」と…

こう考えるとおわかり頂けるように、何が起きても結局は自分を責めることになるんです。


そして、ふと気づきました。
何が原因であっても自分を責め、いつ亡くなったとしても自分を責めるのであれば、もはや問題点はそこにないのでは?ということに。
さらに言うなら、それはつまり自分を責める必要がないことを意味しているのでは?ということにも。


もしかすると、私は自分が何でもできると思ってたのかもしれません。
「大切な人を永遠に生かすことさえできる」って…

でも、そんなことができるはずもありません。
しかしなぜか、小学生でもわかるこんな簡単なことが、大切な人のこととなると理解できなくなっていました。
だからこそ、自分を責めてしまったのでしょう。

言い方は悪いですが、大切な人を助けられなかった自分を責めるという行為は、立場をわきまえていないと言えるような気がします。
なぜなら、人に永遠の命を授ける力は誰にもありませんから。
仮にそんな力があるとしたら、それはきっと神様だけです。
そしてそう考えると、人を死なせたことを後悔するのも神様だけで十分です。
というより、それを後悔できるのはもしかしたら神様だけなのかもしれません。


「大切な人が亡くなったのはあなたのせいではない」

大切な人の命を助けたいと思うのは当然のことですし、誰もが望むことでもあります。
しかし、残念なことに人はいつか必ず亡くなります。
それは、何度助けてもどうせいつかはその瞬間がやってくることを意味しています。

確かに、もしあの時助けられていたらもう少し長い間一緒にいられたことでしょう。
ただ、人に寿命がある以上、それを言ってもきりがないことは明らかです。


なお、命をあきらめろと言っているわけではありません。
その点はくれぐれも誤解のないようにお願いします。
私が言いたいのは、助けるために精一杯のことをして、それでも亡くなってしまった場合にはあきらめてもいいのでは?ということです。

ちなみに、ここで言う精一杯とは、なにも莫大な手術費用を工面したり、稀代の名医に手術を依頼したりといったことではありません。
その時にあなたがとった行動、それがあなたにできる精一杯です。
ですから、その時にどういった行動をとっていたとしても、自分を責める必要などありません。



自分を責めても終わりはありません。
それは自分を苦しめることでもあります。
そういった方が少しでも減ることを願っています。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!