亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

些細なことですが…

 

「立ち直るために」「前向きに生きるために」なんてことを書いていると、「悲しみと向き合うことも重要なのでは?」といったご意見をよく頂くものです。

確かにそうですね、それはもっともなご意見ですし、私も同意します。
しかし、私がそれを声高に唱えることは決してありません。
なぜなら、誰もがすでに悲しみと向き合っているはずであり、そのことにわざわざ触れる必要はないと考えているからです。

それに、あくまでも個人的な印象ですが、「悲しみと向き合うことが大切だ」という言葉は、単に立ち直ろうとしないことを正当化するための言い訳として使われているようにも感じるからです。
正確に言うなら、「悲しむことを奨励する」という意味合いで使われたり受け取られたりしてしまっているということです。

私は、悲しむことは自然なことであり、仕方のないことだと考えています。
当然、無理に悲しみを抑え込む必要もないでしょう。
ただ、悲しむことを奨励するつもりは一切ありませんし、悲しみなんて小さければ小さいほどいいと考えています。

悲しみを認めることと奨励することは大きく異なる問題です。

「泣いていいんだよ」と「泣いたほうがいい」には大きな違いがあるように、「悲しんでいい」と「悲しんだほうがいい」にも大きな違いがあります。

そもそもが悲しみで苦しんでいるわけですから、その状況で「悲しんだほうがいい」はさすがに違和感しかありません。


なぜこんな細かいことを気にするかというと、受け取る側の人間のことを考えるからです。

たとえ発言者がそういった意味で発言したつもりでなくても、受け取る側は自由に受け取るものです。
特に、立ち直りや前向きに生きることにアレルギーを感じがちな人間にとって、「悲しみと向き合うことが大切だ」という言葉は大いなる気休めとして機能してしまいます。
そして結果的には、何も変化を起こすこともなくそこにとどまることを選択させてしまいます。


立ち直るには、やはり立ち直りたいという気持ちが本人のどこかには必要です。
そして、多少なりとも努力することや無理をすることも必要です。

そのためのわずかな芽が、このような言葉によって摘まれてしまわないことを願います。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!