亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

きっと誰も悪くない

 

大切な人を亡くしてからしばらくの間、私はその死を誰かのせいにしてきた記憶があります。
その相手は、時には神様であったり、時には医者であったり…

しかし、そのほとんどは自分でした。


当時は、今考えても不思議なほど、大切な人が亡くなったのは自分のせいだと考えていました。
それだけではありません。
それがおそらく正解なのだろうとも感じていました。

そのためか、当時は自責の念がかなり強く、それが今でも少しばかり残っています。

もっとも、その自責の念も、当時と今ではだいぶニュアンスが異なります。
というのも、現在の私は、心の一番深いところに「当時感じることがなかった気持ち」を感じているからです。

それが、「きっと誰も悪くない」という気持ちです。


私の大切な人は病気で亡くなりましたが、振り返ってみると兆候のようなものはありました。
ですから、私がもう少し早くその変化に気付いていれば、その後の状況は変わっていた可能性もあります。
ただ、残念ながら私がそれに気付くことはありませんでした。

では、私が悪いのでしょうか?

こればかりは正直なところ何とも言えません。
ですが、少なくとも言えるのは、私には一切の悪気がありませんでした。

こういったことをいろいろな人の立場で冷静に考えてみると、ひとつの結論に行き当たります。
それが、「きっと誰も悪くない」という結論です。

病気になってしまった大切な人も、大切な人を助けてあげられなかった私も、私の祈りに応えられなかった神も、医学の力をもってしてもどうにもならなかった医者も…

きっと誰も悪くない気がします。

こう考えるようになったせいで、私自身、自分を責めることがだいぶ減りました。
もちろん、後悔していることは今でもたくさんあります。
しかし、後悔はしても、それをもって自分を責めることが少なくなったということです。



特殊な事例を除けば、おそらく多くの方がこういったケースに当てはまるような気がします。

自分を責めたくなる気持ちはよくわかりますが、振り返ってみるとどうしようもなかったことが大半なのではないでしょうか。
それは、その事実がすでに起こってしまっていることが雄弁に物語っています。

それに、誰もが必ず死ぬことを考えると、誰かが亡くなるたびに「誰のせいなんだ?」といったことを考えるのは、明らかに不毛な気がします。

理不尽としか思えない「死」ですから、自分を筆頭とする「どこかの誰か」に責任を負わせたくなる気持ちはわからないでもありません。
しかし、仕方のないことだと認め、きっと誰も悪くないと思うことができれば、自責の念も少しは緩和されるような気がします。


こと「死」に関しては、自分を責めてもあまりいいことはありません。
ですから、そうならないことを願っています。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!