読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

神様は…

 

神様は存在するのか…

正直な話、私にはよくわかりません。
しかし当時、大切な人を助けて欲しいと祈った相手が神様であったことはハッキリと覚えています。

とはいっても、20代の若造が心の中で祈っていただけですので、どこかにお参りしたり祈祷やお祓いを受けたりといった形式的なことは一切していません。

ただひたすらに心の中で祈っていただけです。


結果的に大切な人が助かることはありませんでした。
神様に祈りが届かなかったのか、それとも見捨てられたのか、そもそもこれが運命なのか、はたまた人類として当然のことなのか…
これもよくわかりません。
今考えるなら、おそらくすべてが「正解」なのでしょう。

ですが、当時はこれほど落ち着いて考えられなかったため、やはり神様を恨めしく感じました。
と同時に、「バカバカしい、だいたい神様なんてはじめから存在するわけがない」なんてことも考えたりしました。

でも、こういうことではないんですよね。
ある時、それに気付きました。

冒頭でも触れたように、神様が存在するのかどうか、それは今でも私にはよくわかりません。
ただ、もし神様が本当に存在していて、なおかつその神様が大切な人を助けてくれなかったと考えるのであれば、このバカみたいに広い世界で、心から愛する大切な人にめぐり合わせてくれたのも神様なんですよね…

そんなことに気付くと、自分勝手な考えをしていた自分が本当に情けなくなりました。

都合の悪い時だけ神様を恨むなんて、言ってみれば恩を仇で返すようなものです。
それに、怒りや憎しみという感情は、思い返すことでどんどんと増幅してしまいます。
これが「いい結果」を生むはずがないことは、きっと誰にでもわかるはずです。


「神様の存在」

それを信じる信じないは自由です。
ただ、もし信じるのであれば、当時の私のように恨むのではなく、感謝の気持ちを伝えるべき存在なのかもしれません。
そしてそう考えることは、ささくれだった気持ちを多少なりとも穏やかにしてくれることでしょう。


悪い面に目を向けるのはいつだって簡単なことです。
しかし、良い面にこそ、前を向くために必要な何かが隠されているように思います。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!