読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

きっと私は雨が好き

 

今日は少し寒いですね。
週始めですし、雨も降っているため、少し憂鬱に感じている方もきっと多いのではないでしょうか?

私もそのうちの一人です。
ただし、雨は嫌いではありません。
というより、好きです。

とはいっても、これが本心かどうかというと、おそらく違います。

なのに、なぜ私が雨を好きと言うのか?

簡単なことです。
私の大切な人が雨を好きだったからです。

そしてこのことがあるため、死別以来「雨が嫌い」とは言えなくなりました。
たとえ本心との間に違和感を感じていたとしてもです。

みなさんにも多少はこういったことがあるのではないでしょうか?

普通に考えれば、いくら大切な人であっても、意見や好みが異なる部分があることは当然のことです。
ただ、いったん死別を経験してしまうと、大切な人が好きだったものを「意見や好みの相違」を理由に否定する気にはなかなかなりません。
大切な人が好きだったものを好きでいたい、大切な人が大事に感じていたものを大事に感じたい…
こんな気持ちが強く働くわけです。

もっとも、仮に否定したとしても文句を言われることはないでしょう。
意見や好みの相違は当たり前のことですし、そもそも大切な人はそんなことを気にするような人ではありませんでしたから。
しかし、それでもなお否定する気にはなりません。
自分の気持ちがそれを許さないんです。


本心で違和感を感じている以上、すべては見透かされていることでしょう。
そう考えると、この行為にはまったく意味がないかもしれませんし、ひどくバカげた話かもしれません。

ただ、時には自分のためを思うことも必要なはずです。
ですから、「雨を好きになりたい自分」「雨が好きでいたい自分」「雨が好きと言いたい自分」、こういった自分を理解してあげたいと思います。

そして、これから先もずっと「雨が好き」でいたいと思います。


みなさんにも、大切な人が大事にしていたものや好きだったものを愛したいという気持ちがあることでしょう。
そして、そういったものに思いを馳せたり取り組んだりすることは、残された人間の気持ちを穏やかにしてくれるように思います。

そのためにも、大切な人が愛したものをいつまでも忘れずにいたいものです。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!