亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

「~に助けられた」という言葉

 

「~に助けられた」という言葉をいろいろなところでよく聞きます。
私もそういったコメントを頂くことがありますし、以前参加した遺族会などでも多くの方が似たような発言をしていました。

ただ、私はたまに疑問に思います。
いったいこの方々は本当に助けられたのだろうかと…

というのも、この言葉を使っている方の多くは、外から見る限りまだまだ悲嘆の真っ最中であるように感じるからです。

特に私の場合、「悲嘆から抜け出し、前を向くことができてはじめて助けられたと言えるのでは?」と考えている部分があるため、そうでない方々がこの言葉を選択することに多少なりとも違和感を感じてしまうというわけです。

もちろん、悲しみが多少和らぐことをもって助けられたと感じる方もいらっしゃるはずですし、そもそも本人が助けられたと感じているわけですから、誰かがとやかく言うような話でないことはよくわかっています。

ただ、やはり私には少しひっかかります。

ですから、「この助けられたという感覚が、大事などこかでマイナスに働いているんじゃないか…?」「このホッとした感じが、もしかしたら何か問題を生んでいるんじゃないか…?」といったことを考えてしまうのです。

なぜなら、冒頭でも触れたように、「助けられた」と発言する方の中には、とても助けられたようには思えず、その後も悲嘆に苦しみ続けている方が相当数いるように思えるからです…

自分の言葉は自分に影響するというのは有名な話です。
したがって、「助けられた」というこの言葉にも自分に対する何かしらの影響力があるはずです。
当然、普通に考えるならプラスの効果が期待されるのでしょうけど、実際のところはどうなのでしょうか?

とはいっても私では答えが出ませんので、この疑問はとりあえずここまでにしておきます。みなさんも、気が向いたら自分なりに検証してみてもいいのかもしれません。

ちなみに、「助けられた」という言葉を使うより、「支えられている」という表現を使ったほうが本人のその後にとってプラスが多いような気がします。
ただし、これもまた私の感覚に過ぎませんので、その点はご了承ください。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!