読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

何でも否定するのは

 

短い人生とはいえ、生きているといろいろな人間に出会いますし、いろいろな人間がいることにも気付きます。
そんな中で私がいつも心配になるのは、何もかも否定的な見方をする人間です。

たとえば「政治家」の話題になった時に、「政治家なんてろくなヤツはいない」というところから話を始めるようなタイプです。
こういった人間は、何を言うにもまずは否定から入ります。
この場合、知り合いにそういった政治家がいるのならわかりますが、それすらいないわけですから、おそらくニュースで観た内容に基づいて発言しているのでしょう。

確かに、「悪徳政治家」も中にはいます。
そして、そんなことは誰もが理解しています。
しかし、それはあくまでも一部であって、日本のためを思って活動している政治家が大半を占めているということだって誰もが理解しているわけです。
にもかかわらず、必ず悪い部分を強調し否定的な見方をしてしまうわけです。

別の例も挙げておきましょうか。
たとえば「子供のスマホの使用」についても同様です。
これについても、すぐに「子供にとってよくない」などといった否定的な側面に目をとらわれてしまう。
何事にもメリット・デメリットが存在するのは当たり前です。
そして、メリットが大きいからこそ爆発的に普及しているわけで、それはもう疑いようもない事実です。
にもかかわらず、そのデメリットに執着してしまい、否定的な見方をしてしまうわけです。

物事や他人のプラス面に目を向けられないというのは、どういうわけなんでしょうか。
それだけでなく、そのプラス面を活かそうとしないというのはどういうわけなんでしょうか。

なにも、マイナス面をとるかプラス面をとるかといった二者択一の問題ではありませんから、そんなに意固地になる必要はありません。

「マイナス面を抑える努力をしつつ、プラス面を最大限に活かすようにする」

それでいいはずです。

いつまでもマイナス面にだけ執着し続けるのは、心配を通り越して恐怖すら感じます。

いったん形成された考え方はなかなか変わらないのかもしれませんが、柔軟な考え方が必要とされる場面はこれから先の人生においてもおそらく多いでしょう。
ですから、自分のためにも他人のためにも、出来るだけ柔軟に物事を考えようとする姿勢が必要なのかもしれません。


そして、これはきっと死別にも通じることなのでしょう。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!