読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

3.11を目前にして

 

「3.11」

今年もこの時期となりました。
まもなくあれから6年です。

みなさんは、日常生活の中で当時のことを意識することがありますか?

正直に言うと、私はほとんどありません。
たとえあれほどの大災害であっても、6年という月日は着実に記憶を奪っていくものです。

理由は簡単です。
それは、私が一般的に言う「被災者」ではないからです。
私は都内の高層階で揺らされただけの人間であり、日本全国に大勢いる「被災していない人間」の中のひとりに過ぎません。

そして、こういった「被災していない人間」が、3.11のことを忘れたり意識しなくなったりしていくのでしょう。
被災者の中には、震災が風化してしまうことをおそれている方がいらっしゃるとよく聞きますが、ここで起きているのはまさにこれです。

また、6年も経ったなら、多くのことが解決していて気にする必要もないと考えている人間もいることでしょう。

ただし、実際には全然違います。
未だに行方不明な方も大勢いらっしゃるわけですし、復興だってまだまだ道半ばです。
何も解決されていないことだってきっと山のようにあるはずです。

しかし、悲しいかな、現地から遠く離れた人間にとってそんなことは知る由もありません。

なお、昨年被災地を訪問したので、私には実際もう少し記憶があります。また、被災者の方々ともお話をさせて頂いたので、3.11で起きた出来事をある程度は認識しているつもりです。
にもかかわらず、そんな私でさえ意識が薄れていくわけですから、被災者でない人間が意識を保つことがいかに難しいかよくわかります。
あくまでも推測ですが、3.11と聞いて今や何も感じないという方もおそらく相当数いらっしゃるような気がします。

ただ、どれだけ記憶が薄れても、あの日あの時、大勢の人々が亡くなってしまったということは事実です。

意識ができない以上、多くのことはできません。
でも、こういったことを年に一回思い出すだけでもきっと意味があるように思います。
そして、亡くなった方や行方不明者だけでなく、残された遺族に思いを巡らすことにもまた意味があるはずです。

部外者ではありますが、亡くなった方のご冥福を祈り、行方不明者が見つかることを願いながら今年の3.11という日を迎えたいと思います。 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!