読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

本当に無理はしなくていいのか?

 

死別後の悲しみの真っ只中にいるときや、そこから立ち直ろうとするとき、周囲の人間からはいろいろな言葉を掛けられるものです。
その中に「無理はしなくていい」「無理をしないように」という言葉があります。
もちろん、私自身もこういった言葉をかけられたことがありますし、こういった言葉を聞いた時に少なからずホッとしたような記憶もあります。

しかし、今になって感じるのは、この「無理をしなくていい」というのは果たして本当なのか?ということです。
なぜなら、死別してから立ち直るまでの期間、他ならぬ私自身がまったく無理をせずに生きてきたように感じているからです。つまり、なにもかも感情にまかせて、自分の思うがままに生きてきたということです。
そしてその結果が、「人生における多くの時間と多くのチャンスを無駄にしてきた私の人生」であるわけですから、こういったことに疑問を感じるのも当然のことなのかもしれません。


あの時、あの瞬間…

私には無理をしなければいけない場面がきっとたくさんあったはずです。
いえ、きっとじゃありません、間違いなくありました。

にもかかわらず、そういった場面において毎度のように無理をしないという選択をしたことによって、私の人生は明らかに死別に支配されていったように思います。

無理をするというのは、自分があまり望んでいないことをするということです。
そして、無理をしないというのは、言ってみれば自分にとって楽なほうを選ぶということです。

人生、楽なほうを選ぶばかりでは自分の思うようにはいきません。
これはおそらく誰もが理解していることでしょう。
当たり前ですが、これは死別したからといって変わるようなものではありません。
ただ、死別という大きな出来事が起こってしまうと、そのことを忘れてしまう人間がいるのもきっと事実なのでしょう。

なお、この言葉自体が悪いと言っているわけではありませんので、誤解のないようにお願いします。
ただ、人生においては無理をしてでも進まなければいけない道がきっとあるんだと思います。
どんなに苦しくてもやるべきことはやらないといけない…
それはまさに「無理をしなければいけない」ということになるのでしょう。
特に、死別という人生における緊急事態に直面しているからこそ、場合によっては普段以上の無理をする必要があるのかもしれません。


では、なぜ人はこの言葉をいろいろな場面で多用するのでしょう。
ここからは、その点について少し思うところを書いておきます。

まず言えるのは、周囲の人間に悪気はありません。それどころか、あなたに対する気遣いや愛情があるからこそ言葉をかけてくれるわけです。
しかし、どうせ声をかけるなら一番かけやすい言葉を選ぼうとするのは自然なことでしょうし、誰も傷つかないような言葉が存在するのであればその言葉を選択しようとすることもやはり当然なのでしょう。
その言葉のひとつが「無理はしなくていい」なんだと思います。
なにせ、相手が感じているであろうプレッシャーを和らげる効果を持つと同時に、相手を気遣っていることを伝えられる言葉でもあるわけですから、非常に使い勝手がいいことは疑いようもありません。
そしてその結果、多くの人間に使われているのでしょう。

ただ、「どんなに苦しくてもやるべきことはやらないといけない」という場面があったとしたら、果たしてこの言葉は適切だと言えるのでしょうか?
また、無理をしてでも頑張ろうとしている人間がいた場合、その人間に対してかける言葉として果たして適切だと言えるのでしょうか?
前へ進もうとしている心に、いたずらにブレーキをかけてしまう可能性はないのでしょうか?

もちろん、受け取る側の問題と言ってしまえばそれまでかもしれません。
でも、もし本当に相手のことを考えているのであれば、相手の状況をもう一歩深く考えてあげる必要があるのかもしれません。

ですから、使い勝手のいい言葉とはいえども、そのあとには多少なりとも付け足しが必要なのでしょう。

「無理はしなくていい、でも、どんなに苦しくても無理をしなければいけない場面が必ず訪れる、そこで無理ができるかどうかでその後の人生が大きく変わる」

死別に苦しんでいる人間にかけるには多少気がひける言葉かもしれません。
でも、こういった耳の痛い言葉を選べる人間にこそ、相手に対する愛情を感じることもまた事実です。


※なお、「無理をしすぎること」がまずいのは言うまでもありません。誤解のないよう念のため書き添えておきます。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!