読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

立ち直るということへの誤解

 

「立ち直り」

これは、死別を経験したものが最終的に目指すべきところであります。
また、亡くなった大切な人が望んでいることでもあるでしょう。

しかし、本来であれば誰もが目指すべき場所にもかかわらず、それに対して抵抗を感じる方が少なからずいるように感じます。

これはなぜなのでしょうか…?

あくまでも私の個人的な印象と見解ですが、どこかで「立ち直るということ」を誤解しているのではないかと考えています。
そしてその結果、立ち直ることに対して抵抗を感じたり、立ち直った人間に対して奇異な目を向けているように思えます。


私が思うに、立ち直りとは「故人を想い、故人のために自分の人生と自分自身を大切にする」ということです。

決して故人を忘れることではありません。
決して故人をないがしろにすることではありません。

むしろその逆です。

故人を大切に想うからこそ、故人の立場に立って、故人が考えているであろうことをするということです。


もちろん、人それぞれに大切な人がいるわけですから、大切な人の人柄もそれぞれです。ですから、亡くなった大切な人が何をどのように考えているかも、当然それぞれ異なることでしょう。
ただ、向こうから見れば残された私たちは大切な人です。
そんな人間に向かって、「早く死んで会いに来てね」とか、「人生を無駄にしてもいいからね」とか、そういったことはおそらく誰も言わないでしょう。
逆に、「どうせいつか会えるからそれまで待ってるね」「私の分まで人生を満喫してね」「早く元気になってね」、こういった言葉をかけてくれるのではないでしょうか。

そして、こういった言葉をきちんと受け止めて生きることこそ、立ち直るということなのだと思います。


もっとも、大切な人に会いたいという想いは非常に強いでしょうから、今すぐにでも死んで会いにいきたいと考える気持ちについてはわからなくもありません。
なにせ私もそんな人間の一人でしたから。

でも、それは自分自身の気持ちを優先しているだけではないでしょうか。

「早く死んで会いたい」「もう人生なんてどうでもいい」
これは全部残された人間が考えていることであり、故人の想いとはまったく逆のことです。そんな思いを優先し続けることは、それこそ故人の想いを踏みにじっているような気がします。
私も、当時は故人の気持ちなんてひとつも考えずに自分の気持ちばかり考えていました。ただ、今になって考えてみると、故人のことを一心に考えているフリをしていただけで、本当は自分かわいさで自分の気持ちばかり優先していたんだと思います。
故人を想うものとしては、この姿勢はやはりまずいと言わざるを得ません。


「故人を大切に想うからこそ故人の想いに応えて生きる」

簡単ではないかもしれませんが、多くの方が立ち直れることを願っています。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!