読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

当ブログの活用法

 

死別を経験しているせいか、私自身、多少は死別経験者の気持ちがわかるつもりでおります。

とはいっても、世の中には星の数ほどの死別経験者がいらっしゃって、なおかつそれぞれ死別の受け止め方が違うわけですから、私はほとんどの方の気持ちを理解していないという見方もできます。

 

まぁこれは当たり前のことですね、無数にいる死別経験者の中のたった一人が私なわけですから。

 

だからというわけではないのですが、このブログをお読みになる際は、私の意見や考え方をご自身にとって都合のいいように解釈してください。

 

賛同できない部分に関しては、当然のことながらスルーしたほうがいいでしょう。
参考になりそうなところや、少し気になるところだけつまんで頂ければ十分です。
そしておそらく、それが私のブログの正しい活用法だと思います。

あんまり賛成できないけど、この点だけはヒントになるかも…
こんな読み方をして頂ければ言うことなしです。


以前にも触れましたが、私がブログを書く理由のひとつには、死別経験者に早く立ち直ってもらいたいという願いがあります。
ですから、このブログが少しでも何かのヒントになってくれれば嬉しいですし、実際に立ち直りに向けて舵を切るきっかけになんてなれたなら、それはもう最高です。


こういった点からもおわかり頂けると思いますが、私にとって重要なのは私の意見に賛同してもらうことではありません。
私にとって重要なのは、死別経験者が立ち直りへの道を進んでくれることです。
したがって、先ほども言いましたが、参考になりそうなところだけをつまんで頂ければそれで十分です。

とは言ったものの、一点だけはお願いしたいことがあります。
それは、「もし参考にして頂けるなら、立ち直りへ向けて活用してもらいたい」ということです。
そうでないのなら、私にとってもみなさんにとってもあまり意味がないでしょうから。

ちなみに、当時の私にはこんな機会も気持ちもありませんでしたので、ご覧のとおりの有り様です。
だからこそ、みなさんには限られた人生を少しでも有意義に過ごしてもらいたいと願っています。


大切な人を想いながら、少しでも前向きに進んでいきましょう。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!