亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

聴いていられなかった曲

 

「聴いていられなかった曲」

 

「聴いていられない」というのは、曲がひどいとか、好みじゃないとか、そういうことではありません。悲しすぎたり、つらすぎたり、また、人前で泣きそうになったりしてしまうような「とてもじゃないけど聴いていられない」という意味です。

いや、もっと正確に言うと「人前で冷静に聴いていられない曲」と言ったほうがいいのかもしれません。ひとりの時は、何回も聴いて泣いていましたから…

 

おそらく、みなさんにもこういった曲はあるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな私の「聴いていられなかった曲」をいくつか紹介してみたいと思います。死別経験者の中には、死別に関する曲を聴きたくなる方もいるようですので、もしかしたらそういう方の参考にもなるかもしれません。

 

涙そうそう夏川りみ

これはもう定番と言えるでしょう。森山良子さんの詞がとにかく心にしみます。お兄さんを亡くされた時の気持ちを綴っているとのことですが、どのような関係性かにかかわらず、大切な人を亡くされた方は深く共感できるのではないでしょうか。こんなに人の気持ちを代弁することができるのかと、衝撃を受けた一曲です。

 

君の名を呼ぶ|浜田省吾

これは恋愛の曲なのですが、サビの「君の名を呼ぶ」という部分が心に刺さったことを覚えています。死別後まもなく寝ても醒めても大切な人を考えていた頃は、心の中で常に相手の名前を呼んでいましたから。本人に向かって名前を呼ぶ、またいつかそんな日がくるといいですね…

 

One more time, One more chance山崎まさよし

これも定番ですね。特に、歌詞に登場する「桜木町」にやられました。当時横浜に住んでいた私にとって、このフレーズは圧倒的なリアリティーを感じさせるものでした。

 

瞳をとじて平井堅

もしかしたらこれが一番きつかったかもしれません。映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」の主題歌ですね。映画・主題歌ともに大ヒットしたため、いやでもストーリーを知ることになり、相手を病気で亡くしている私には正直かなり厳しいものでした。そのせいか、この映画はいまだに観ることができません。

 

BLUE HEAVEN|サザンオールスターズ

おそらく、死別ではなく失恋がテーマだと思いますが、「終わった感」がすごく表現されています。「愛なき場所」という歌詞に、「大切な人のいない世界」を重ねて聴いていました。

 

さよなら大好きな人|花*花

これはもうタイトルからしてそのまんまですね。失恋の曲にも思えますが、死別の曲だそうです。ストレートな歌詞が、きれいな声のせいで余計に心に刺さります。それにしても「さよなら」という言葉はさみしいものですね…


ロード|THE 虎舞竜
ロード-第2章-|THE 虎舞竜

ロードはまさに死別がテーマです。全部で13章まで存在するようで、私も全部は聴いたことがありません。しかし、「第2章」は私にはど真ん中でした。伴侶や恋人を亡くされた方は、ぜひ聴いてみてください。ちなみに、ロードのイントロの「ちょうど一年前に」という部分を、自分に置き換えて聴いている人は多いのじゃないでしょうか… 今から〇年前に、あなたの大切な人がそこにいたことはこれから先も変わらない事実でしょうから。

 

言葉にできない|オフコース

これは最後の方に出てくる部分がすべてです。聴くだけで涙が出ました。

あなたに会えてほんとうに良かった。

嬉しくて嬉しくて言葉にできない

 

祈り|長渕剛

何かとお騒がせな方ではありますが、これは初期の頃の曲です。愛する人への想いと、愛する人を失った切なさがストレートに表現されている気がします。葬式や通夜の時の記憶がよみがえる、悲しくもあり大切でもある曲です。

 

青葉城恋唄|さとう宗幸

タイトルどおり、失恋がテーマですね。ただ、「あの人はもういない」というフレーズが死別と重なり、強烈に心に残ったことを覚えています。

 

 

下の3つは少し内容が異なりますが、ついでに掲載してみます。

 

 

愛は勝つ|KAN

交際相手が入院している時に聴いていました。祈るしかない状態だったのですが、気付かされました、愛は勝たないということを…

 

それは大事|大事MANブラザーズバンド

これも交際相手が入院してる時に聴いていました。自分を鼓舞するためでもあった気がします。

 

僕のそばに|徳永英明

これは、交際相手がいつか口ずさんでた曲です。なぜか、その時のことをずっと覚えてます。

 

 

ざっと挙げてみるとこんな感じです。

11曲(最後の3曲は除く)の共通点はどこにあるのだろうと考えると、

・共感できるかどうか

・自分の状況と重ねることができるかどうか 

ということなんでしょうね。ですから、たとえ死別がテーマでなかったとしても、その歌詞を自分に重ねることが出来るなら、十分に心に刺さる曲になるわけです。つまり歌詞を読み替えてしまうということですね。 

例を挙げるなら、失恋の歌に登場する「さよなら」という言葉も、死別の「さよなら」に読み替えられるのであれば、共感できるということです。

 

 伴侶や恋人を亡くした人に限れば、その死別には必ず失恋と似た感情も伴うわけですから、当たり前のことなのかもしれませんね。そして、もし、より大きな「別れ」という括りで見た場合は、すべての人に通じることになるのかもしれません。

 

f:id:sms2001:20161129144602p:plain

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村