亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

死別経験者が気を付けるべきこと①

 

今日は、死別経験者が気を付けるべきことについて書いてみます。

異論反論あるかもしれませんが、ご容赦ください。

 


 

 死別に関する本や記事、ニュースなどで、よく目にする言葉がありますよね。

 

「経験した人にしかわからない」

 

これはまさにその通りだと思います。

 

死別を経験したことがない方には、死別がどういうものなのかわからないでしょうし、

奥さんを亡くされた経験がなければ、奥さんを亡くされた方のつらさもわからないと思います。

もちろん、ご主人を亡くされた経験がなければ、ご主人を亡くされた方の悲しみもわからないはずです。

 

つまり、この言葉は正しいわけです。

それどころじゃありません、完全に正しいわけです。

なぜなら、他人である以上、その人とまったく同じ経験をすることは不可能なわけですから。

そして、これはなにも死別に限った話じゃありません。

 

少し話がずれてしまいそうなので、戻しましょう。

 

私が気になっているのはこの言葉の使われ方なんです。

正確に言うと、この言葉がどういう意図で使われているかということです。 

 

というのも、死別に関する掲示板やブログで、この言葉を特によく目にするからです…

 

大抵は、次の2つのパターンで使われています。

①死別経験がない方の書き込みやコメントに対して使われる

②死別経験が異なる方の書き込みやコメントに対して使われる

 

①はわかりますよね。

死別経験者が、死別経験のない方へ向けて発するパターンです。

 

②は少し説明を加えておきましょうか。

これは、お互いに死別は経験しているが、誰と死別したかが異なる場合です。

例えば、お子さんなのか親御さんなのか、恋人なのか伴侶なのか、といった違いです。

 

ちなみに、この2つのパターンに共通するものが何かわかりますか?

 

それは、どちらの場合においても、

この言葉が、相手を排除するために使われているということです。

そしてなぜか、エラそうだということです。

 

  • 「経験したことのないおまえにはわからないから、おまえと話してもムダだ」
  • 「経験したことのないヤツは口を出すな」

こういった空気がガンガン出てます。

 

 


 

 

同じ死別経験者として言わせてもらうと、こういったことは好きじゃありません。

 

理由は3つあります。

①一貫していない

②特別だと考えている

③思いやりが足りない

 

では、説明していきましょう。

 

①一貫していない

 

「経験した人にしかわからない」

 

相手を排除するためにこの言葉を使うような人は、基本的に一貫してません。

自分の都合に合わせて使う人がほとんどです。

 

冒頭に書いたように、

経験した人にしかわからないのであれば、本来この人の気持ちは誰もわからないはずです。

この言葉を口にする以上は、本人もそれを理解していることでしょう。

なのに、なぜかこういう人ほど、自分の悲しみや苦しみを相手にわかってもらおうとします。

そして、ひとたびそれが上手くいかないとわかると、急にこの言葉を口にし始めるわけです。

 

そればかりでなく、まったく逆の行動も平気でします。

「経験した人にしかわからない」という持論があるにもかかわらず、相手の気持ちを理解しているような発言をするんです。

その人と同じ経験をしたことがないのに「君の気持ちはよくわかるよ」なんて言ってしますわけですから。

 

言っていることとやっていることが、もうメチャクチャ。

 

結局、自分にとって都合のいい状態をキープしたいだけなんですね。

その証拠に、多少経験が異なっていたとしても、都合のいい人とは平気で群れるわけですから。

 

こういうのはちょっと厳しい… 

 

②特別だと考えてる

 

では、次ですね。

 

こういう人は、自分の死別体験こそ「特別」であり「一番」だと考えています。

そして自分の考え方こそ、死別経験者にあるべき考え方だと考えています。

 

おそらく、「死別はよくあること」ということに気付いていないのでしょう。

少し考えればわかる話です。

人は互い違いに亡くなっていくので、ほぼすべての人がさまざまな死別を経験します。

もちろん、時期の差はありますし、やはり相手や自分が若い時はつらいでしょう。

ただ、そんな人でさえ世の中にはたくさんいるわけです。

 

ここで勘違いしないで頂きたいのは、

よくあることだからといって、悲しんだり、助けを求めたりしてはいけないと言っているわけではありません。

もちろん、静かに耐え忍ぶことが素晴らしいと言っているわけでもありません。

 

ただ、自分の死別体験だけが特別だと思うなと言いたいだけです。

 そして、他人と比較してエラそうにするなと言いたいだけです。

 

みんな悲しいし、みんな特別。

それでいいんです。

 

死別経験が特別な経験であることは疑いようもありません。

だから、この人の死別経験も当然特別なものです。

ただ、この人の経験だけが特別かというと、そうではないということです。

 

③思いやりが足りない

 

次にいきます。

 

結局、こういう人が多いと死別経験者が誤解されやすくなるんですね。

だって、こういうタイプの人間が、いろんなところでエラそうに言って回るわけですから。

「経験した人にしかわからない」って…

 

もしかしたらこういった積み重ねが、

  • 「死別経験者は難しい」
  • 「理解ができない」
  • 「触れない方がいい」

みたいな風潮を生むのかもしれません。

 

こうなってしまうと、他の死別経験者はますます悲しみや苦しみを表に出しづらくなります。

生きづらくなるばかりでなく、人によっては孤独を深めていくことでしょう。

 

大切なのは思いやりです。

 

相手のことを思いやることができれば、他の死別経験者を拒絶したり排除することもないでしょう。

同様に、たとえ死別経験のない人に見当違いなことを言われても、それほど気にならないと思います。

そもそも、その状況を作った原因は、少なからず自分自身にもあるわけですから。

 

 


 

  

本当は、死別を経験しているからこそ、誰よりも優しい気持ちを持っているはずです。

そして、死別を経験しているからこそ、誰よりも思いやりを持てるはずです。

 

 

そういう人間でいたいものです。

きっとどこかで、大切な人が見ているでしょうから…

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村