亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

後追いを考えている方へ

 

 

今日は「生きるヒント」といったところですかね、とりあえず書いていきます。 

 

 

 

 

「後追い」

 

これは一般的には赤ちゃんが親の後ろをついて回ることを意味するようですが、
ここでは、もちろん「後追い自殺」のことを意味しています。

 

 

ちなみに、みなさんは後追いを考えたことがありますか?

 

 

とその前に、まずは私がこの質問に答えておきましょうか。
私はというと、考えたことがあるばかりでなく実行にも移しました。
とはいっても、現在こうやってブログを書いているぐらいですから、結果が失敗だったことは言うまでもありませんが…

 

 

さて、では皆さんはどうでしょうか?
中には、今まさに「後追い」をしようか検討中という方もいらっしゃることでしょう。
もちろん、それはそれでまったく不思議なことではありません。
現に私だってそういった人間の一人だったわけですし…

 

 

ですが、そんな方には私から少しばかりのお願いがあります。
とりあえず、この記事を読んでみてください。
途中までじゃダメですよ、ぜひ最後まで。

 

 

 

 

私の場合は交際相手との死別でしたが、先ほども書いたように「後追い」を考えました。

 

 

というのも、「どうにかして会いたい」などとずっと考えていると、どうしてもある結論に達してしまうからです。
それが、「死ねば会えるんじゃないか」という結論です。

 

 

だってそうでしょう。
相手がこの世界にいない以上、どこかに会いに行かなければ会えないということは明白ですし、「では、それは果たしてどこなのだろうか?」といったことを考えると、それは「死後の世界」しか考えられませんからから。

 

 

しかも、そういったことを考えていると、非常におそろしいことに「死んだら今現在の悲しみや苦しみなどもすべてなくなるだろう」ということにも気付いてしまいます… 

 

 

一旦こんな思考回路が形成されてしまうと、後追いはどんどんと「素晴らしい答え」に思えてきます。 
当然ですよね。
なにせ大切な人に会えるばかりでなく、悲しみや苦しみまで消えてなくなるわけですから。
まさに望みどおりの結果がもたらされるわけですし、それは言ってみればいわゆる一石二鳥というものでもあります。

 

 

一度この考えに行き当たると、もうどうにも止まりません。
そこからは毎日のように死にたいと考え、少しずつその日に向かって自分の歩を進めていくことになるわけです。

 

 

ただ、実際に実行するかどうかについては、やはり人によるのでしょう。
というのも、自分のことだけでなく、家族のことや友人のこと、さらには会社のことや学校のことなど、人それぞれいろいろなことを考える必要がありますから。
そしておそらく、普通の人であればこの時点で思いとどまるはずです。

 

 

では、どういった人間が危険かというと、周囲に守るべきものや守るべき人間が存在せず、なおかつ人生に未練などないと考えているような人間です。
それはつまり、当時の私でもあります。

 

 

そんな感じで、私は「後追い」を実行に移すところまで自らの歩を進めてしまったわけです。
もっとも、その結果は冒頭で触れたとおりですので、実行に移してみたものの死に切れず、今こうやってブログを書いているわけです。

 

 

ちなみに、死に切れなかったと書くとまるで今も後追いを望んでいるかのように聞こえるかもしれませんが、今は「生きてて本当に良かった」と思っています。
このあたりは、誤解のないようお伝えしておきます。
ついでに、これはあくまでも頭の片隅で結構ですので、それほどまでに後追いを望んでいた人間であっても、その後心の底から「後追いをしなくて良かった」と感じるようになったということも覚えておいてください。

  

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、本題はここからです。

 

 

私自身が後追いを実行に移してしまうぐらいの人間ですから、大切な人に会いたいあなたの気持ちは痛いほどわかるつもりですし、できることなら悲しみや苦しみからも逃れたいという気持ちについてもよくわかっているつもりです。
当然、大切な人がいない人生に完全に絶望する気持ちだってよく理解できます。

 

 

でも、とりあえず先に言わせてください。
「後追いは、とにかくもったいないです」

 

 

さて、ではなぜそんなことを言うのかについて説明していきたいと思いますが、その前に「後追い」を巡る意見について少しだけ触れておきましょう。

 

 

後追いをしようとしているぐらいですから、あなたは死ねば大切な人に会えると考えているわけです。
もちろん、私もいまだにそう信じていますから、この考え方についてとやかく言うつもりはありません。
それどころか大いに賛同します。

  

ただ、「後追いでは大切な人に会えない」という意見をお持ちの方も中にはいらっしゃるようですので、そのことについては少し考えておく必要があるのかもしれません。
とはいっても、実はその必要もなかったりします。
なぜなら、生きている人間にそんなことがわかるはずもありませんから。
ですから、仮にそういった意見があったとしても相手にする必要はまったくありませんし、やはりあなた自身が考えたいように考えるべきでしょう。
一応フォローだけしておくと、こういった意見はおそらく後追いを防ぐために生まれた意見であり、その背景には優しさがあるんだと思います。
ですから、これはこれで素敵なことであって、もしこの意見を信じたいというのであればもちろん信じればいいと思います。

 

 

わざわざこのようことを書いてはみましたが、後追いを考えている人間にとってみれば、他人の意見など実はなんの「抑止力」にもなりません。
それは私自身もよく理解しています。

 

 

考えてもみてください、後追いを考えている人間が人の意見など聞くでしょうか?
その答えはあなた自身が一番よく知っているはずですよね。
そうです、聞くはずがないんです。
これはどれほど偉い人の意見や言葉であっても、おそらく同様でしょう。
少なくとも私も、当時はまったく聞く耳を持ちませんでした。
だからというわけでもないのですが、私は後追い自体に反対はしませんし、否定もしません。
なぜなら、どうせ言っても変わらないでしょうし、繰り返すようですが後追いを望む気持ちも痛いほどわかるからです。

 

 

ただ、もし後追いをするのであれば、その前に気にして欲しいことが2つだけあります。
たった2つです。
いくら他人の意見に耳を貸せないような状況であっても、最低限これだけは気にしてみてください。
それに、死に切れなかったとはいえ実際に後追いに踏み切った人間からのちょっとしたアドバイスでもあるわけですから、少しぐらいは読む価値もあるのではないでしょうか。

 

 

さて、ではその2つが何かと言うと、それは「後追いのタイミング」と「大切な人のこと」です。

 

 

後追いのタイミング

 

 

先ほども書いたとおり、私は後追いを否定するつもりは一切ありません。
ただ、全身全霊をかけて言いたいのは「本当に今でいいの?」ということです。
だって考えてもみてください、どっちみち死ねば会えるわけですよね?
であれば、果たしてそんなに焦る必要があるのでしょうか?
この点についてはよく検討するべきでしょう。

 

 

私が思うに、後追いを考える方は、もしかしたら人の死を重く考え過ぎてるのかもしれません。
もちろんそれが軽いとは言いませんが、後を追いかけるほど重大なことだとも思えません。
というのも、大切な人は少し早めに向こうの世界に行っただけです。
言ってみれば、引っ越しのようなものです。
確かに、離ればなれになっている時間は普段より長めです。
でも、どうせいつか死んだ時には会えますし、また笑って話だってできることでしょう。

 

 

であるなら、「私はもっと生きたかったのになんであなたは人生をそんなに粗末にしちゃったの?」…
こんな言葉を相手に言わせることだけはあってはいけません。
特に、生きたくても生きられなかった相手の無念さにまで心を配ることができる人間なら、これはごくごく自然に理解できるのではないでしょうか。
そう考えると、タイミングというのは実はものすごく重要であって、あなたが相手を思いやれる人間なのであれば、もしかすると多少は様子を見てもいいのではと思ったりもします。

 

 

念のためもう一度書いておきますが、死ねばいつでも会えます。
何も心配はいりません。
そうであるなら、生きているうちにできることはすべてやって、それから気持ちよく胸を張って会いにいくべきでしょう。
相手の無念さを理解できるような人間であれば、きっとその判断ぐらいはできるはずです。

 

 

ちなみに、当時の私はそんなことすら考えられないような「子供のように自己中心的なただのバカな人間」でしたから、危うくおかしなタイミングで後追いをしてしまうところでした。
でも、今はタイミングの重要性を強く感じています。
だからこそ、あなたにもタイミングについて一度マジメに考えてもらいたいと感じているわけです。

 

 

ついでに、少しばかり個人的な話を書いておきます。

 

いつか大切な人に再会できることを考えると、私は楽しみで仕方ありません。
そしてその時は、絶対に私の大好きな「あの笑顔」で迎えてもらいたいと思っています。
なので、もう二度とタイミングは間違えないつもりです。
そして少なくともその時がくるまでは、「あの笑顔」を見るために一生懸命生きようと思っています。

  

これはあくまでも私の生き方に過ぎませんが、気が向いたら参考にしてみてください。

 

 

大切な人のこと

 

 

少し話がずれましたので戻しましょう。
2つ目は「大切な人のこと」です。
これは、どんなことがあっても絶対に考えなければいけません。
だって、後追いをしてまで会いに行きたいほど大切な人なわけですから、その人の気持ちを考えるというのは当然のことでしょう。
もちろん、誰よりもその人を愛するあなたのことですから、あなたもきちんと相手の気持ちを考えることが出来るはずです。

 

 

では、ここで質問を用意してみましたので、一緒に考えてみてください。

 

  • あなたの大切な人は、あなたに向かって「早く死んで会いにきて」と言いますか?もしくは、そういったことを望むような人ですか?
  • もし逆の立場だったとしたら、あなたは大切な人に後追い(自殺)を望みますか?

 

中には、自分だけ生きているのが申し訳ないと感じている人もいるでしょうから、そんな方にはこちらの質問を。

 

  • あなたの大切な人は、あなたが生きていることを恨んだり妬んだりするような人ですか?

 

おそらく、答えはすべて「No」なはずです。
それはつまり、あなたの大切な人もあなたが後追いをすることを望んでいないということを意味しているはずです。

 

 

さぁ困りましたね、どうしましょうか?
これでは、いくら後追いをしたくてもさすがになかなかしにくいですね。

 

 

では、今度は胸に手を当ててよく考えてみてください。

 

  • あなたは、大切な人の気持ちを本当に考えていますか?
  • あなたは、本当は自分のことしか考えていないんじゃないですか?

 

もちろん、この質問に対する答えは胸のうちにしまっていて結構です。

 

 

さて、どうでしょうか?

 
ここまでで、少なくとも大切な人があなたの後追いを望んでいないだろうということは理解できたのではないでしょうか。
ではどうしましょうか?
それでもやっぱり後追いをしようと思いますか?

 

 

たぶん、ここまで考えて後追いをする人はいないでしょう。
というより、私はそう願います。

 

 

というのも、これで後追いをしたらさすがにカッコ悪いですからね。
どう考えてもカッコ悪い。
だって、相手の気持ちをまったく考えず、自分のことしか考えていないということがバレちゃいますから… 

 


こんなカッコ悪い人間は、当時の私だけで十分です。

 

 

誤解をおそれず書きますが、大切な人のことを本当に想っている人は、そもそも後追いなんかしないんだと思います。

 

 

後追いをするのは、

  • 自分が可愛い人
  • 苦しむ自分をなんとか助けたい人
  • 「相手をこれほどまでに想っている自分」に酔ってる人
  • 大切な人よりも自分のことを優先している人

 こんな人たちです。

 

 

わかりますよね?
自分のことしか考えていない人たちです。

 

この際ですから、カッコ悪いのは百歩譲って許すとしても、「大切な人のことを最優先で考えているようなフリをしていること」…
これはやっぱり許せません。

 

 

ですから、私は当時の自分が許せないんです。
あの時は結局、自分のことしか考えていませんでしたから…

 

 

なお、念のため書いておきますが、私はなにも「後追いを考えること自体がカッコ悪い」と言っているわけではありません。
私がカッコ悪いと言っているのは、「大切な人の気持ちを考えられないこと」と、「大切な人のことをちゃんと考えている気になっていること」です。

 

なぜわざわざこんなことを書くかというと、後追いを考えること自体がダメなことだと誤解してほしくないからです。
大切な人を亡くした極限の精神状態ですから、後追いを考えること自体はそれほど不思議なことではありません。
当然、後追いを考えてしまったからといって自分を責める必要もありません。
ただ、いつまでもそのことを考えてしまうようであれば、どこかで一度自分の真意を確かめてみるべきだとは思います。
と同時に、大切な人の気持ちをそれ以上にしっかりと考えてみるべきです。

 

 

 

 

最後に

 

 

長くなり過ぎたのでいい加減まとめます。

 

 

何度も言いますが、後追いは悪いことだとは思いません。
人にはいろんな選択肢があり、「死」さえも立派な選択肢のひとつだと思いますから。
ただ、もし今死んでしまうと、残された人生でやれたはずのことはすべて出来なくなります。
それは、大切な人が生きたくても生きられなかった人生というものを、あなた自身は粗末にしてしまうということです。
そう考えると、タイミングを無視した後追いは、やはりもったいないと言えるのではないでしょうか。

 

 

それに、大切な人があなたの後追いを望んでいない以上、それでも後追いをするということは大切な人の気持ちより自分の気持ちを優先するということです。
果たしてそれはあなたが本当に望んでいたことなんでしょうか?

 

わかりやすく言うなら、これは[大切な人に会うために大切な人の気持ちを踏みにじる」ということです。

 

これは皮肉でもありますが、悲劇でもあります。
そればかりか、せっかく築き上げてきた大切な人との関係もすべて台無しにしかねないものでもあります。
そういった意味でも、やはり後追いはもったいないと言えるのではないでしょうか。 

 

 

 

安心してください。
どうせ会えます。
焦る必要なんかどこにもありません。
大切な人の分までしっかり生きて、その時(寿命)がきたら大喜びで会いに行けばいいんです。
もちろん、その間は苦しいこともあるでしょう。
でも、苦しみながらも頑張っているあなたのことを、大切な人は必ず応援してくれているはずです。
そしてそんなあなたの姿を、きっと心から誇らしく思ってくれることでしょう。

 

 

上手くは言えませんが、相手を想う優しい気持ちがあるからこそ生きていかなければいけないんだと思います。
そして、後追いを考えるぐらい苦しむ方々にはその優しさがあることも私は知っています。

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋人との死別へ
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
いつもありがとうございます。クリックして頂けると、励みになります!