亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

後追いを考えている方へ

 

今日は、生きるヒントといったところですかね、とりあえず書いていきます。

 

 

「後追い」

 

一般的には赤ちゃんが親の後ろをついてまわることを意味するようですが、

ここで言う「後追い」とは、もちろん「後追い自殺」のことです。

 

後追いを考えたことがある方はいらっしゃいますか?

もしかしたら、今まさに考えているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方はとりあえず最後まで読んでみてください。

途中までじゃダメですよ、最後まで読んでください。

 

 


 

 

私の場合は、交際相手との死別でしたが、やはり後追いを考えました。

 

「どうしても会いたい」

こんなことをずっと考えていると、やっぱり思ってしまうわけです。

「死ねば会えるんじゃないか」と…

 

だって、相手がこの世界にいない以上、どこかに会いに行く必要があることは明白であり、「それはどこだ?」となると、「そうだ、死後の世界だ!」となってしまいますから。

 

しかもおそろしいことに、後追いをすれば大切な人に会えるだけでなく、今感じている悲しみや苦しみ、つらさなども全部なくなるはずということに気付いてしまうわけです。 

 

こんな風に考えると、後追いがどんどん「素晴らしい答え」に思えてきます。 

「会えるし、悲しむ必要もなくなるし、一石二鳥じゃん」って…

 

いったんこのように考え出すと、もう止まりません。

それはそうですよね、「素晴らしい答え」だと思っているわけですから。

そこからは、毎日のように死にたいと考え、少しずつその日に向かって歩んでいくわけです。

 

ただ、実際に実行するかどうかは、人によるでしょう。

自分のことだけでなく、家族のことや友人のこと、会社のことや学校のこと…

いろいろなことを考える必要があるでしょうから。

そしておそらく、ここで多くの人は思いとどまるはずです。

 

危険なのは、何も守るものがなく、なおかつ人生に未練などないと考えている人間です。

当時の私のように…

 

 

というわけで、私は実行に移しました。

その時の詳細を書くつもりはありませんが、結果は書かなくてもわかりますよね。

死に切れずに今ここにいるわけです。

 

ちなみに今は、

「生きてて本当に良かった」

そう思えるようになってきています。

 

 


 

 

さて、長くなりましたが、ここからが本題です。

 

私も後追いを考えた人間なので、

大切な人に会いたい気持ちは痛いほどわかりますし、

悲しみや苦しみから逃れたい気持ちもよくわかっているつもりです。

もちろん、大切な人がいない人生に絶望する気持ちもよくわかります。

 

でも、言わせてください。

 

「後追いはもったいない、それも圧倒的にもったいない」

 

どういうことか、少しずつ説明していきましょう。

 

後追いをしようとしているあなたは、死ねば大切な人に会えると考えているわけです。

私もそう信じていますし、そのことをとやかく言うつもりはありません。

中には、後追いだと会えないという話をされる方もいらっしゃるようですが、

そんなことはわかるはずもなく、おそらくは後追いを防ぐためにおっしゃってくれているのだと思います。

もちろん、それはそれで優しさでしょうから素敵なことだとは思います。

しかし、後追いでも会えるに決まってると考えている人間には、当然なんの抑止力にもなりません。

 

そもそも、後追いを考えている人間にとっては、赤の他人の言葉なんか何の意味も持たないことでしょう。

だからというわけでもないのですが、私は後追い自体は否定しません。

なにせ自分も考えたぐらいですから。

 

ただ、後追いをしたいのなら、その前に気にして欲しいことが2つあります。

それは、「タイミング」と「大切な人のこと」です。

 

タイミング

さきほども書きましたが、私は後追いを否定するつもりはありません。

ただ、全身全霊をかけて言いたいのは「今でいいの?」ということです。

だって、どっちみち死ねば会えるわけですよね?

じゃあ、そんなに焦る必要があるのかということはやはり考えるべきでしょう。

 

もしかしたら、後追いを考える方は人の死を重く考え過ぎてるのかもしれません。

軽いとはもちろん言いませんが、あなたの大切な人は少し早く向こうの世界に行っただけです。

引っ越しみたいなもんです。

いつもより少し長い時間離れているだけで、どうせいつか会えます。

 

それよりも

「私はもっと生きたかったのになんで人生をそんなに粗末にするの?」

この言葉を相手に言わせることだけはあってはいけません…

大切な人の無念さを考えるとなおさらです。

だから今は、人生を大切に生きていくことを考えるべきです。

 

 大切な人のこと

次に大切な人のことです。

これはどんなことがあっても、絶対に考えなければいけません。

だって、死んでまで会いに行きたいほど大切な人なんですから、その人の気持ちを考えるのは当然のことです。

なにより、誰よりもその人を愛するあなたには、きっとそれが出来るはずです。

 

質問を用意してみたので、一緒に考えてみましょう。

  • あなたの大切な人は、あなたに向かって「早く死んで」と言いそうですか?もしくは、それを望むような人ですか?
  • 逆の立場だった場合、あなたは大切な人の自殺を望みますか?

 

自分だけ生きているのは申し訳ないと感じる人はこちら。

  • あなたの大切な人は、あなたが生きていることを恨むような人ですか?

 

おそらく、答えはどれも「No」なはずです。

 

つまり、あなたの大切な人はあなたが後追いをすることを望んでいないわけです。

 

さぁ困りましたね、どうしましょう。

これでは、後追いしたくてもしづらいですね…

 

ではここで、いったん胸に手を当ててよく考えてみてください。

 

「あなたは、大切な人の気持ちを本当に考えていますか?」

「あなたは、実は自分のことしか考えていないんじゃないですか?」

 

答えは胸のうちにしまっていて結構ですので、次にいきましょう。

 

 


 

 

大切な人の想いを無視して、後追いをする

大切な人があなたの後追いを望んでいないことは理解できたはずです。

じゃあどうしましょう?

それでも後追いしますか?

 

たぶん、ここまで考えて後追いする人はいないでしょう。

というより、私はそう願います。

 

これで後追いをしたら、さすがにカッコ悪いですもんね。

誰がどう考えてもカッコ悪い。

だって、自分のことしか考えていないことがバレちゃいますから…

大切な人のことを一生懸命考えていたのは実は見せかけで、

本当は自分のことを最優先に考えていたことがバレてしまうわけです。 

 

 

こんなカッコ悪い人間は、当時の私だけで十分です。

 

 

誤解をおそれず書きますが、

そもそも、大切な人のことを本当に想っている人は、後追いなんかしないんだと思います。

 

後追いをするのは、

  • 自分が可愛い人
  • 苦しむ自分をなんとか助けたい人
  • 「相手をこれほどまでに想っている自分」に酔ってる人
  • 大切な人よりも、自分のことを優先している人

 こんな人たちです。

 

わかりますよね?

自分のことしか考えていない人たちです。

 

百歩譲ってカッコ悪いのは許すとしましょう。

でも、大切な人のことを最優先で考えているフリをしていることは許せません。

 

だから、私は当時の自分が許せないんです。

結局、自分の気持ちを優先していたわけですから。

 

なお、後追いを考えることがカッコ悪いと言っているわけではありません。

大切な人を亡くして、死にたいと考えることはごくごく自然なことだと思いますから。

問題なのは、「大切な人の気持ちを考えられないこと」、もしくは、「大切な人のことをちゃんと考えている気になっていること」です。

 なによりもカッコ悪いのは、その部分です。

 

 


 

 

長くなったので、いい加減まとめます。

 

もったいない

何度も言いますが、後追いは悪いことだとは思いません。

人にはいろんな選択肢があり、「死」も選択肢のひとつだと思いますから。

 ただ、今死んでしまうと、残された人生でやれたことがすべて出来なくなります。

大切な人が生きたくても生きられなかった人生を、あなたは粗末にしてしまうわけです。

だから「もったいない」んです。

 

安心してください。どうせ会えます。

焦る必要なんかどこにもありません。

大切な人の分までしっかり生きて寿命をまっとうし、そのあとに大喜びで会いに行けばいいんです。

もちろん、その間は苦しいこともあるでしょう。

でも、苦しみながらも頑張っているあなたを、大切な人は必ず応援してくれているはずです。

そしてそんなあなたの姿を、きっと心から誇らしく思っていることでしょう。

 

圧倒的にもったいない 

大切な人があなたの後追いを望んでいない以上、

それでも後追いをするということは、大切な人の気持ちより自分の気持ちを優先するということです。

それは、あなたが本当に望んでいることなんでしょうか?

大切な人に会うために、大切な人の気持ちを踏みにじる…

これは皮肉でもあり、悲劇でもあります。

そして、せっかく築き上げてきた大切な人との関係もすべて台無しにしてしまいかねません。

だから「圧倒的にもったいない」と言わざるを得ません。 

 

 

 

長くなったわりに上手く言えないんですが、

相手を想う優しい気持ちがあるからこそ、生きていかなければいけないんだと思います。

 

そして私は知ってます、

後追いを考えるぐらい苦しむ人たちには、その優しさがあることを…

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村