読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡き人に会うために

大切な人を亡くされた人へ|前を向いて歩いていくためのヒントと故人に再び会うための方法を考えるブログ

死別経験者に対するNGワード

 

「死別でつらい思いをしている時に、人から傷つくことを言われた経験はありますか?」

 

おそらく皆さんあることでしょう。

もちろん私もあります。

 

これ、なかなかキツイですよね…?

 

ただでさえ大切な人を亡くして傷ついているわけですから、

やっぱりなかなか厳しい…

 

とは言っても、相手に悪意がないこともわかっているので、どうしようもない。

言い返したり、怒りをぶつけるわけにもいかず、我慢するしかないといったところでしょうか。

 


  

死別を巡ってこういう経験をされる方が多いせいか、

巷にはこの問題について書かれているサイトや本が結構ありますね。

本人はみなさんが想像している以上に傷ついており、どういった言葉に傷つくかも人によって異なるので、声をかける場合は配慮しましょう

大抵はこういった内容で、「安易に掛けるべきではない言葉」つまりNGワードが一緒に例示されていたりします。

  • 「大丈夫?」
  • 「早く元気になってね」
  • 「前を向いてね」

聞いたことありますか?

こんな感じのNGワードです。

 

このブログに立ち寄った皆さんであれば、こういったサイトや本を見たことがあるかもしれませんね。

特に、グリーフケアを扱っているようなところでは「鉄板」といっていいぐらいこのような内容を目にします。

  

死別を経験した側から言わせると、確かにこういった配慮は助かります。

心をかき乱されずに済むわけですから。

 

しかし残念なことに、全ての人がこういった言葉を理解しているわけではありません。

また、そういったサイトにはあくまで一例が紹介されているだけですので、

NGワードはその他にもたくさんあることでしょう…

 

結局、傷つく言葉を避けることは難しいんです。

というより、その言葉から逃げようとしてもたぶん無駄です…

 


 

とはいっても、やっぱり傷つきたくありませんよね、 

そこで、私はこう思うようにしてます。

良かったら参考にしてみてください。

 

まずはじめに、

あなたの愛は深いということを理解しましょう。

 

これはもう間違いありません。

だって、大切な人の死によってそれほどまでに傷ついているわけですから。

もしかしたら、あなた自身は気付いていないかもしれませんね。

でも、あなたはとっても愛情の深い心優しい人間なわけです。

 

次に、

そんなあなたのまわりには、普段からどんな人が集まっているかについて考えてみましょう。

 

おそらくですが、あなたと似たような愛情の深い心優しい人間が集まっているはずです。

これも当然といえば当然ですね。

だって、類は友を呼ぶわけですから。

 

そう考えると、

あなたに声を掛けてくる人間は、実は愛情の深い心優しい人間なわけです。

 

あなたのことが心配で、あなたのことをなんとかしてあげたいと思う、そういった人間なんです。

悪意がないのは当然です。 

 

ですから、そういった人間に何を言われても傷つく必要はありませんし、気にする必要もありません。

というよりもむしろ、人間というものの優しさを感じるべき素敵なお話なわけです。

 


 

中には、そんな風には考えられないという方もいらっしゃることでしょう。

そんな方には、少しだけ質問を…

 

「あなたの大切な人だったら、苦しむあなたにどんな言葉を掛けてくれたでしょう?」

 

想像してみてください。

きっと、こう言うに違いありません。

 

「大丈夫?」

「早く元気になってね」って…

 

それでも、この言葉はNGワードですか?

 

 

大切な人を亡くして心に余裕がないとは思いますが、覚えていてください。

周りの人間にとっては、あなたも大切な人です…

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村