死んだら会えるか

今日は、「死んだら会えるか」ということについて書いてみます。 24歳の時に経験した死別によって、私は奈落の底に突き落とされました。「世界で一番不幸なのは自分」真剣にそんな風に考えていた時代です。来る日も来る日も、大切な人に会いたいと考えながら泣いていたことを覚えています。ただ、そういったことを繰り返し…